女性向けメディア「LOCARI(ロカリ)」やDIYレシピ共有サービス「Creon(クレオン)」の運営元としても知られるWondershake。同社が手がける新商品トライアルサービスの「milcoco(ミルココ)」が8月1日、正式版としてリリースされた。

milcocoは、送料関係費を負担するだけで化粧品や食品などの新製品をいち早く試すことができるサービス。あくまでトライアルサービスということで購入できる個数が限られてはいるが、新製品を定価よりも安く購入できるというメリットもある。

例えば、取り扱い商品の1つであるラサーナの「海藻モイストヘアミスト」の定価は1800円。一方、milcocoでは同じ商品を980円で購入することができる(あくまでサンプル商品のため、表記は“お試し”となる)。ちなみに、同商品は楽天市場でも取り扱いがあったが、記事執筆時点での最安値は1357円だった。たしかに他のECサイトよりもお安く購入できるようだ。

milcocoはユーザーから見れば安価に新製品をお試しできるサイトだが、企業は、サンプル商品をmilcocoに提供する代わりに、同サービスをテストマーケティングの場として利用することができる。同サービスに投稿されたレビューを無料で広告内に記載することができるというメリットもある。

顧客が製品を気に入れば、今後も継続して購入してくれるかもしれない。そういう意味では、20〜30代女性をターゲットとするmilcocoを使って潜在顧客にリーチすることも可能になる。

とはいえ、サンプルを提供する企業からすればある程度のレビュー数はリターンとして欲しいところだ。それについて、milcoco事業を率いる徳留智矢氏は「レビューは商品の申込数に対して約2割程度投稿していただいており、レビューの二次利用をしたいという企業も存在する。アンケート機能もすでに実施を進めており、商品を体感した後の態度変容などの情報を収集することができている。今後は、スクリーニング機能やセグメンテーションなど、アンケートにおいてできることを改善していきたい」と語る。

milcocoは2017年2月からベータ版を提供し、これまでに1万人の会員ユーザーを獲得。サービス上で購入できるサンプル数は約100点だ。

「今後はさらなる会員獲得と、アンケートやSNSへの投稿などの導線を強化していくことでサービスを堅調に伸ばしていきたい。さらに中長期的には、ユーザーとメーカー担当者様がコミュニケーションできるようなインタラクティブなサービスを展開できればと考えている」(徳留氏)