VR

テレビ局などにVR×AIサービスを提供するジョリーグッド、ディップらから総額4億円を調達

テレビ局や制作会社向けのVRソリューション「GuruVR Media Pro(グル・ブイアール・メディアプロ)」や、VRコンテンツとユーザーの視聴行動を解析する人口知能エンジン「VRCHEL(ヴァーチェル)」などを提供するジョリーグッド。同社は11月17日、ディップ、エースタートを引受先とした第三者割当増資により、総額約4億円の資金調達を行ったことを明らかにした。

ジョリーグッドは2014年5月の創業。代表取締役CEOを務める上路健介氏は、テレビ局で技術者として番組制作に従事した経験を持つ人物だ。

同社が展開するサービスのひとつGuruVR Media Proは、テレビ局や制作会社向けのVRソリューション。撮影から編集、配信までの制作環境をワンストップで提供していることが特徴で、撮影や編集システムに加え、配信や効果測定に活用できるCMSも備える。

2016年6月のリリース以降、すでに北海道放送の「HBC VR」やテレビ西日本の「VR九州」、毎日放送の「絶景散歩VR」など各地のマスメディアと共同で多数のVRサービスを展開している。

おなじく同社が手がけるVRCHELは、VRコンテンツの属性とユーザー視聴行動のパターン解析を行う人工知能エンジンだ。映像や音声から各VRコンテンツの詳細を分析するだけでなく、実際に視聴したユーザーの行動を分析することで最適なソリューションを提案できるのが強み。こちらも東海テレビと共同で展開するVRアプリ連動テレビ番組などで活用されているという。

ジョリーグッドでは今回の調達資金によりサービス拡充と体制強化を行い、引き続き地域や企業にVR×AIソリューションを提供していく。

交通騒音も路上と室内では違う…3D空間内の複雑な音響編集を助けるResonance AudioをGoogleが発表

拡張現実(augumented reality, AR)は、コンピューターとの対話を三次元化するという展望により、徐々に伸びつつあるが、すでにいろんなプラットホームを提供しているGoogleは、その三次元空間に視覚だけでなく五感のすべてを持たせたいようだ。

今日(米国時間11/6)Googleは、同社のVR Audio SDKをベースとして、より総合的な空間オーディオプロダクトResonance Audioをモバイルとデスクトップ両用に作っていることを発表した。

Googleの説明によるこのSDKの用途は、“本物の音が人間の耳や環境と対話する”様相を再現することだ。たとえば、現実の音が物や環境によって歪むという現象も、ARの仮想的シナリオにおいて再現する。

たとえばあなたが大型ラジカセを持って歩いている仮想キャラクターだとすると、何かの曲を鳴らしながら開放的な空間を歩いているときと、吹き抜け階段を降りているときとでは、音はどう違うのか? Resonance Audioが対応しているこのような多様な状況により、ユーザー(デベロッパー)もそんな状況を三次元の奥行きの中で音で再現できるようになる。

またResonanceはデベロッパーがシーン中の音源を指定できるだけでなく、音源が動く方向も音質の変化で表すので、たとえばあなたがデジタルのキャラクターのうしろを通るときと、顔の前を通るときでは、反響音を変えられる。

上で例を述べたようなさまざまな状況の変化は、ゲームのデベロッパーにとってはおなじみのものだが、しかし複数の(数十の)音源が同時にいろんな状況で対話的に鳴るといった複雑な設定では、その対応も難しい。CPUはビジュアルにかかりっきりで忙しいことが多いから、音の表現のこのような複雑性は予想外の困難性をもたらし、結局ベーシックなオーディオだけで発売してしまうこともありえる。Resonanceはたとえば、一部の音のリバーブを、いろんな環境ごとに事前に作っておくといったトリックにより、音のリアルであるべき対話性が時間的にずれる、といった問題を解消する。

ResonanceはUnityやUnrealのようなゲームエンジンとも併用でき、またいろんな音響編集作業のためのプラグインも用意しているから、既存のワークフローとの相性も良いだろう。

GoogleはVRやARの基盤的技術への関心をベースとして、さらにそれらをゲームの開発に応用しようとしているようだ。先週Googleが見せたPolyは、3Dのアセットや環境のためのホームだ。そしてResonance Audioが空間的オーディオを提供し、よりリアルな音の開発を容易にする。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

仮想現実の中で使えるキーボードをLogitechが実験中、SDKも提供

キーボードは誰もが知ってる単純な装置だが、これで仮想現実(virtual reality, VR)を操作しようとすると、ものすごくたいへんである。ブラインドタッチのベテランの人でも、VRのヘッドセットが目を覆っている状態では、その仮想世界の中にいながらにしてキーボードを見つけることすら、難しい。

これまで何千億種類ものキーボードを作ってきたLogitechは、キーボードがVRの世界から村八分になることを望まない。そこで同社は、VR用キーボードというものを作った。というか、現状はHTC Vive用だ。これがあれば、仮想世界の中で自分の手がわかり、キーボードの所在もわかる。

そのキットには、三つの部分がある: (1)キーボード、(2)Viveにキーボードの所在を教えるためのセンサー、(3)キーボード操作のあるVRアプリをデベロッパーが書けるためのSDK。

下のでもビデオでお分かりのように、仮想世界の中にあなたの青い手と、キーの色がさまざまなキーボードが現れる。Logitechに、その仕組みを聞いたら、“Viveの既存のトラッキング機能を利用しただけ”、とだけ彼らは答えた。

なお、現状はまだささやかな実験の段階だ。現状でキットを50用意しているので、試してみたいデベロッパーは11月16日までに申し込むこと。詳細は、このページにある。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

AR/VRのWeb上の標準的なサポートとは?…Mozillaがそれを独自のJSライブラリWebXRで実験中

現時点ではVRやARの有用性を疑問視する声もあるが、開発とデプロイをもっと容易にしろ、という意見では全員が一致するだろう。とくに問題なのが、Web上だ。そこでMozillaは、総合的なフレームワークに取り組むことによってデベロッパーに、ユーザーが選んだ(多様な)混成現実のプラットホームにアクセスするための、標準的でドキュメンテーションの充実したツールを提供しようとしている。

Web上では基本的に何でも、デスクトップブラウザーとモバイルの両方に容易にデプロイしようとすると、難しくなる。これにVRやARのヘッドセットなど混成現実の要素が加わると、さらに難しい。だからWeb上でVR/ARが本格化するためには、容易なデプロイが必須条件だ。

Mozillaは以前、Googleなどと共にWebVR APIを作った。それにより昨年は、ブラウザーが面倒なプラグインなしでVR体験を提供することができた。上述の‘総合的なフレームワーク’仮称WebXRは、そのAPIの拡張で、WebVRに拡張現実(AR)の要素を加える。だからここでは、‘総合的’とは‘混成’という意味だ。

関連記事

(日本語)Mozilla funds open source projects with half a million in grants (日本語)It's time to give Firefox another chance (日本語)Firefox for Windows gets native WebVR support, performance bumps in latest update

つまり、AR/VRのいろんな概念、たとえばオブジェクトのアンカーリングなどの実装が、ARCore, ARKit, Hololensなどプラットホームごとに異なっていても対応できる共通言語を作ろう、というのだ。けっこう、たいへんな仕事である。今回Googleはパートナーしていないが、しかしMozillaのこの仕事は、ほかの企業の既存のデモに対する補完および互換性をねらっている。

Mozillaの主席研究サイエンティストBlair MacIntyreは、こう説明する: “WebでARをどうやって実装するか、前にGoogleの連中と話し合ったことがある。そのときは彼らがWebARでやった実装例に対するフィードバックを彼らに見てもらったが、そのときの経験から、今作っているJavaScriptのライブラリWebXRは、彼らのアプリでも使えて、また一般的にデベロッパーが自由に自分の好きなアプリで、これらのWeb上の新しい技術〔AR+VR on Web〕を実験できるものでなければならない、と思っている”。

WebVRを完全にリプレースするものではないが、今後のことはまだ分からないから、そのスタンダードでARの実装が相当変わったりしたら、その実用性が危ういのではないか。

MacIntyreはこう語る: “長期的には、WebVRが進化してARもできるようになることが、最良の結果かもしれない。それほど大きな変更にはならないし、APIはそのままWebVRと呼ばれるだろう。あるいはコミュニティが、もっと広範な抜本的な変化を望めば、それがWebXRあるいはWebMRと呼ばれるかもしれない”。

というわけで現状のそれは、本格的な提案というより、デベロッパーたちによる自発的な実験だ。それはデスクトップのFirefoxをサポートしており、iOSのApp StoreにはWebXR Viewerがある。それらを試してもよいが、でもデベロッパー以外の人は単純に待つべきかもしれない。

提案および、わずかばかりの実験は、GitHubでチェックできる。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

東大発AR/MRスタートアップのGATARIが4000万円の資金調達、新時代のUI/UX開発を目指す

Amazon EchoやGoogle Homeなど、音声で操作するAIアシスタントが現実のものとして身近に広がりはじめた現在。この環境がさらに進化した先には、どんな未来が待っているのだろう。GATARI(ガタリ)は、音声を使ったコミュニケーションが、AR(Augmented Reality、拡張現実)/MR(Mixed Reality、複合現実)環境にも広がることを予測し、MR時代に最適なUI/UXを模索・開発する、東大発のスタートアップだ。

10月18日、そのGATARIが総額4000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先はVenture United三井住友海上キャピタルKLab Venture Partners、Nikon-SBI Innovation Fund、および個人投資家。今回の調達はシリーズAラウンドに当たる。

GATARIは2016年4月に設立された、東京大学の学生を中心とするAR/MRスタートアップだ。2016年には、Tokyo VR Startups(TVS)のインキュベーションプログラム第2期に採択された。TVSプログラムでは、しゃべった声がテキストの形になってVR空間上に現れ、話者の母語に翻訳されたものを見ることができるコミュニケーションツール「コエカタマリ」を開発している。

GATARI代表取締役の竹下俊一氏はコエカタマリについて、こう話している。「元々は音声を使った、未来のMRコミュニケーションツールを作りたかった。ただデバイスの発達がまだ進んでいないので、この時点ではMRよりはVRの方が実装が楽だと判断して、VRのコンテンツを制作している。とはいえ、VRでもリアルな空間をCGで用意して、MRっぽい、MRにつながる操作感を実現しようとした」(竹下氏)

プログラム終了後の現在、GATARIでは企業向けにHoloLensなどを使ったMRソリューションを開発するほか、ARKitを利用したスマートフォン向けARアプリを開発中で、年内にもストーリーテリングアプリをリリースしようと準備しているそうだ。「VRでは空間内を“見渡す”ことが必要だが、ARでは見渡さなくてもよい。前にある画面を自分で動かして変わるという、カメラワークが楽しい点が特徴だ。その楽しさを反映したプロダクトにしたい」(竹下氏)

竹下氏は「AR/MRを実現する環境は活発化していて、スマートフォンやHoloLensなどのデバイスも進化している。市場規模までは予想しきれないけれども、ARKitから始まって、スマホ連携のAR/MR環境が実現し、いずれは一体型のウェアラブルMRデバイスが来るだろう」と予測する。「そうした状況に合わせて、声による操作や入力をしっかり使ったプロダクトを用意したい。LINEやSnapchatは、スマホ時代のコミュニケーションのデファクトスタンダードとなった。我々は、MR時代のデファクトスタンダードとなるようなUI/UXを開発・提供したい」(竹下氏)

竹下氏は、現在も東京大学在学中。GATARIを設立後にも東京大学を中心としたインターカレッジのVRサークル「UT-virtual」を立ち上げ、全国のVR関連サークルをつなぐ日本学生バーチャルリアリティ連盟の設立・運営を行うなど、若い世代のVRコミュニティ醸成にも力を入れている。

「今回の調達では、エンジニアやデザイナーに加え、ユーザーへのヒアリング体制も強化しようと考えている。その中でも、インターンを採用しての開発や、学生へのヒアリングを通して、若い人の感性を生かしていきたい」(竹下氏)

離れた場所にある物件をVRで内見、ナーブが4.6億円調達

不動産の内見にVRを活用する「VR内見」などを展開するナーブは10月13日、ニッセイ・キャピタル三菱地所ギガプライスSpiral Ventures Japanから総額で4.6億円を調達したと発表した。

ナーブ自社開発のVRゴーグル「CREWL」

ナーブは不動産や旅行業界などに導入するVRシステムをパッケージとして提供するスタートアップだ。店舗に設置したVRゴーグルで物件の360度画像を見ることができるVR内見や、観光地の360度画像や動画をVR体験できる「VRトラベル」などを展開している。

VR内見を導入することで、店舗には専用ゴーグルの「CREWL」が設置される。このゴーグルは同社の自社開発製品で、VRゴーグルとして利用していないときには店頭デジタルサイネージとしても機能する。

物件チラシにプリントされたQRコードをCREWLで読み込み、ゴーグルを装着するとVR内見がはじまる。エンドユーザーは実際にその場にいるような感覚で、紹介された物件の内部を観察できる。

クルマで顧客を現地まで運ぶ通常の内見には時間がかかる。それが複数の物件となればなおさらだ。不動産会社がVR内見を導入することで、そういった時間を短縮して業務を効率化することができる。

しかし、ナーブ代表取締役の多田英起氏は、不動産の内見をVRで行うというサービスの理解をユーザーから得るのにはとても苦労したと話す。

「昨年までは、VR内見というサービスへの理解がなかなか得られなかった。ただ、エンドユーザーの声を地道に汲みとってサービスの改善を続けた結果、今年5月頃から導入社数が急速に増え始めた」(多田氏)

成果が数字に現れ始めたのは5月に入ってからだが、多田氏は昨年末ごろから確実な手応えを感じていた。そこで、同社は2017年1月よりCREWLの量産開始に踏み切った。今回の資金調達でビジネス拡大のスピードをさらに加速させていく構えだ。

ビジネス展開のスピードにこだわる

VR内見の導入費用は月額1万8000円〜ということだが、これは僕が事前に想像してた価格よりもかなり低かった。これについて多田氏は、「事前のヒアリングでは5万円くらいまで払えるという声もあったが、5年後にデファクトスタンダードになる価格設定を作ろうと考えた。当初から低く設定することで、サービス普及のスピードを早めるのが狙いだ」と話す。

また、ナーブはVR内見に使用する360度画像を撮影せず、代わりに不動産会社が事前に撮影しておく必要がある。有料で撮影代行も行っているが、ほとんど利用されることはないという。それが導入への壁になりそうなものだが、これに関しても、ナーブはビジネス展開のスピードを優先させた形だ。

多田氏は、「当初はクライアントに360度画像を撮影してもらうことが壁になったのは間違いない。しかし、自社で撮影を行うと、その分人員を割かなければならず、おのずとビジネス展開のスピードも遅くなる。不動産会社の業務フローに撮影を落としこむ提案を続けていくことで理解を得るということを地道に続けた」と話す。

VR内見はこれまでに約500店舗へ導入済みで、多田氏がナーブにとって重要な指標だと話す「VR化した物件数」は数十万軒だという。同社はこれを2017年度中に100万軒まで伸ばしたい構えだ。

遠隔接客ブース「どこでもストア」

ナーブが展開するビジネスには、もう1つ面白いものがある。VRを利用した仮想店舗ブースの「どこでもストア」だ。これは、商業施設に設置されたブースに入ってVRゴーグルを装着することで、遠隔地にいるスタッフからの接客を受けることができるというもの。

どこでもストアを利用すれば、費用対効果の観点からリアル店舗を設置することが難しい地方にも進出することができる。1つのブースに複数の企業が参加できるため、企業にとっても顧客にとっても効率が良い。

今後、ナーブはイオン系の商業施設を中心に、年間25店舗のペースでどこでもストアの設置を進めていくという。

CEATEC2017レポート:新しい購買体験「バーチャルコマース」とは

2017/10/3(火)~6(金)、幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2017」。昨年からCPS/IoTをテーマにした展示会に生まれ変わり、IoTに関する様々な技術、スマートホームや社会インフラなど、多岐に渡るテーマで最新技術が展示されました。

CEATEC JAPAN 2017開催趣旨 新たな産業革命と言えるデータ駆動型、また情報活用型社会到来に向けたモノ・サービス・テクノロジ―を一堂に会し、新たなビジネスの創出と先進的技術および情報の交流、社会的課題の解決策の提案を行い、一層の産業の発展と生活の向上および社会への貢献を促す。 引用:CEATEC JAPAN2017 開催概要 http://www.ceatec.com/ja/outline/

本記事では、共同印刷様ブースにて展示された新しい購買体験「バーチャルコマース」について、レポートいたします。

次世代のオムニチャネルを実現するマルチテナントEC-VRシステム

ECと店舗の双方を盛り上げるサービスとして発表された「バーチャルコマース」を実現するのがOrangeECのVRオプション。現在、ECやオムニチャネルが抱える多くの課題を解決する施策として注目が集まっています。 実店舗をそのままバーチャル店舗にすることで、店舗の魅力を余すことなく伝達。目当ての品物を検索して購入するだけのECサイトではなく、まるで実店舗を歩いて買い物を楽しむようなエモーショナルな店舗体験を提供します。 これにより、実店舗だけでなく、ECサイトの再来訪率を高め、全体的な売上アップを目指します。 そして全店で展開することで、マルチテナントの底力を利用することができます。 タッグの持つVR技術で超高解像度のVR空間を、VR空間と商品の紐づけについては、プライスカードにFullScanコード®を導入、VR化する際にこのコードを読み取り、商品位置と商品名等の管理と連携を実現いたします。

ミニセミナーも開催

ブースで開催していたミニセミナーも大変好評で、最終日は急きょ回数を増やしての開催となりました。 未来に向けた新しい購買体験の提案に、参加者も興味津々といった様子でした。 2017.07.25実店舗での購買体験をブラウザで再現!ECと実店舗は「EC-Orange VR」でどんどん近づく 株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役:薮崎 敬祐)は、株式会社タッグ(本社:東京都千代田区、代表取締役:湯本 健司)、共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤森康彰)とともに、エスキュービズムのEC...

PR:次世代オムニチャネル「バーチャルコマース」を実現するOrangeECのVRオプション

あの時、あの場所にあった商品を手にとるようにして購入できる。今までのECでは体験できなかった、お店体験をそのままWebにし、取り込みたいと思っていた購買層を獲得するのがOrangeECのVRオプションです。 >>お問合せはこちらから

Nvidiaが作った本物のホロデッキで製品デザインや設計のコラボレーションができる

NvidiaのCEO Jensen Huangは以前、同社でいちばんやってみたいのは、本物のホロデッキ(Holodeck)を作ることだ、と言っていた。そして今まさにNvidiaがやってるのが、デザイナーやデベロッパーのための、細密にリアルなVRプラットホームとして、ホロデッキを作ることだ。

名前もまさにNvidia Holodeckであるこのプロジェクトは、このGPUメーカーが作った“インテリジェントな仮想現実プラットホーム”であり、コラボレーションのための仮想環境で、現実世界の物理現象をシミュレートできる。そこでは、超細密なグラフィクスにより、実物大の詳細モデルを作れる。ピカード大佐のそっくりさんを作ることはできないが、デザイナーたちが新製品のプロトタイプを作り、そのデザインを磨いていくために利用する。VRでは結果がはやいから、製品を市場に出すための期間を短縮できるだろう。

このホロデッキでは、AIを利用できる。たとえば一定のエージェントを訓練しておき、デザイナーが作ったデザインを現実の状況に照らして評価させられる。また仮想オペレーターや人間のスタッフがプロトタイプの各部と対話しながら、最終設計へ仕上げていくこともできる。

すでにリリース前のテストでは、NASAのエンジニアや最先端のデザイナーなどから、高い評価を得た。そして今日(米国時間10/10)からはさらなる洗練を目指して、より広い層へ公開される。

コラボレーションのできるVRデザインツール(設計ツール)は、自動車業界でも採用が進んでおり、今は各社がそれらを試行している。もちろん自動車以外の業界でも、デザイン〜設計のコラボレーションを実物大のVRでできるメリットは大きい。そんな最近の動向の中で、グラフィクスとAIという二つの重要な要素に強いNvidiaは、このようなシミュレーター的環境製品でも市場のリーダーになれそうだ。

関連記事

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Mark ZuckerbergがVRのアバターになってFacebookのプエルトリコ救難活動を説明

FacebookのCEO Mark Zuckerbergが今日(米国時間10/9)、同社がアメリカの赤十字と協働してプエルトリコの災害救助に取り組み、とくに人工知能と衛星画像を利用して、援助を届けるべき地域を同定している、と発表した

Zuckerbergは曰く、“人工知能を利用して‘人口地図’というものを作り、それを参照しながら衛星画像を見ると、各地の人口密度とその地域のインフラの被害状況が分かる。それにより赤十字は、救助を必要としている人びとの所在が分かる”。

この発表が一風変わっているのは、それが、Ocluls Riftのヘッドセットを利用する同社の仮想現実アプリSpacesから、Mark Zuckerbergの漫画のアバターが語る、という形で行われたことだ。

今週はOculusのデベロッパーカンファレンスが行われるので、まったく突飛な試みとは言えないが、NPRが製作した360度ビデオがプエルトリコの状況を映す中で、現地の人びとが家の被害状況を調べて歩いている映像を背景とする、漫画のアバターの登場は、あまり適切とは思えない。

しかしともかくZuckerbergは、Facebookを利用して友だちに安否を伝えるSafety Check so機能や、現地の人びとが救援組織を作るためのCommunity Help機能などを紹介した。そしてさらにZuckは、救援努力にFacebookが150万ドルを寄付し、また救援活動がより円滑にできるための、ネットワークの保全作業に数名の社員を派遣したことを発表した。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))