Moto Z

着せ替え携帯「Moto Z」の最新モジュールはスマホをポラロイドカメラに変える

Moto Zのモジュラー式背面パネル(Modと呼んでいる)は当たり外れがかなりある(大方が外れ、というのが正直な感想)。でもこれはかなり賢い。確かにPolaroidのInsta-ShareプリンターのMoto Modは、 誰かがMotorolaのフラグシップ機種を買いに走るような代物ではないだろうが、アクセサリーをマグネットスナップオン式にする意味のある事例ではある。

このPolaroid Modが最初にお目見えしたのは今年2月のMobile World Congressで、今週出荷が始まったAlexaスピーカーと一緒だった。これはまさしく見ての通りの商品だ。小さなフォトプリンターがスマートフォンの背中に貼りつく。ほかのModと異なり内蔵カメラを拡張することはない —— 代わりに丸い切欠きがあって、そこから頼りになるMotorolaのデュアルカメラが覗き見できるようになっている。

このアドオンプリンターは、ZINKテクノロジーを使ってカメラロールやFacebook、Instagram、Googleフォトなどのサイトの写真を2 x 3インチ(5 x 7.5 cm)サイズでプリントする。これでもうプリンターを持ち歩く必要はない!よさそうな話だと思うだろう?もちろんよくある問題はModにも当てはまる。まず、価格は199ドルでこれは完璧に役に立つスタンドアロン版のPolaroidプリンターより今のネット価格で80ドル高い。

しかも、ここで言う携帯性は相対的だ。実はまだ試していないのだが、ポケットにすんなり入るようには見えないので、毎日持ち歩くものではおそらくない。もっとも、そもそも背面をつけたり外したりするのはMoto Zの本質なのだと私は思う。

興味のある人はMotorolaのサイトで今すぐ予約できる。今月末にはVerizonの店舗に並ぶ予定だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Motorola(モトローラ)製Androidスマフォ「Moto Z」を買った

どーも、サツキです。 まだまだ寒い時期が続きますねー。冬だから当然といえば当然ですが。 冬はインフルエンザを発症しやすいです。私の職場でも早くも発症した人がいるみたいです。 手洗い・うがい、マスク着用はもちろん、ワクチンをうってもらって、インフルエンザから防衛しましょう。 私も患わないように気をつけねば。。 さて、前置きはこのくらいにして、本題いきます。 モトローラ製の(Nexusじゃない)Android端末が欲しかったので衝動買してしまいました、「Moto Z」。 Moto Z Playとも迷いましたが、薄さと性能で無印を選びました。 というわけで、早速いつものようにファーストインプレッションをお届けします。 まずはパッケージから。 白を基調としたデザインになっています。 裏面。色々説明が書いてあります。 日本語以外でも書いてあります。 開けると本体がすぐに出てきます。 最近のスマフォはこうったパッケージングが流行りなのでしょうか。 中身。 USB(Type-C)ケーブル、急速充電対応のアダプタ、USB(Type-C)イヤフォンジャック変換ケーブル、イヤフォン、SIMカードスロット用の金具。 と、マニュアル類の入った箱、バンパー、スタイルキャップが付属品として入っていました。 今まで購入した中で一番多いかもしれません。 これが本体です。カラーは白をチョイス。 下部真ん中あたりにあるのはホームボタンではなく、指紋認証デバイスです。 裏面。ゴールドに輝いています。 下部にある端子は後述する、Moto Mods用です。 カメラ部分はフラットではなく、エンボスになっています。 電源ボタン、ボリュームボタンは右側に集約されており、反対側には何もボタンはありません。 個人的には、電源ボタンとボリュームボタンは分けてほしいと思います。 そして、かなり薄いです。iPhone7並に薄いです。 上部には、マイクとSIMスロットがあります。 下部はUSB(Type-C)端子のみ。 SIMスロットはデュアルSIM対応ですが、microSDカードスロットも兼ねています。 BlackBerryPrivと大きさ比べ。ほぼ同じですね。 薄さ比べ。若干BBPのほうが分厚いです。 まー、BBPは物理キーボードがあるので、厚くなるのは仕方ないのですが。。 付属していたスタイルキャップをつけてみた。 これをつけるだけで、地味だったのがおしゃれなスマフォに早変わりです。 付けたときの厚みは誤差程度ですね。重さも大差ないです。 電源をつけてみた。Motoというロゴがデカデカと表示されました。 このあと初期設定を行い。 ホーム画面へ到達しました。 見た感じ、素のAndroidですね。 さて、本機体について詳細をば。 まず、見た目は派手すぎず地味すぎずという感じ。 持ってみた感じ、素の状態だとかなり軽いし、薄いです。 付属のスタイルキャップを付けても厚さ、重さは気になりません。 電源とボリュームボタンについては、先程触れたとおり、別々にしてほしいとは思いました。 幸い、ボタンの間隔が広いので押し間違うことはなさそうですが。 デュアルSIMに対応していますが、2スロット目はSDカードスロット兼用ですのでデュアルSIM運用する場合はSDカードが使えません。 デュアルSIMで運用しようと考えている人でSDカードも使いたいと思っている人は注意ですね。 あと、USB端子がType-Cなので、mciroUSB系のアクセサリーは使用不可になります。別途、変換ケーブルなどを用意する必要があります。 さらに、本体にイヤフォン端子がありませんので、イヤフォンを使う場合は付属の変換ケーブルを使う必要があります。 なんだかこの辺はiPhone7に似ていますね。ちなみに、Playにはついています。無印にも付けてほしかったですね。 内蔵スピーカーは、悪くはないですが音が薄っぺらい感じがします。 帯域は一応、Band19にも対応しているので問題なし。 Felicaはありませんが、NFCはあります。 Wifiは802.11ac対応です。 指紋認証にも対応しています。指紋認証部分に触れるだけでロック解除が可能になります。 認証速度はかなり早く、軽く指を乗せるだけで一瞬で画面ロックを解除できます。 ちなみに、ロックを解除した状態で再び認証部分に指を乗せると画面ロックできます。 指紋登録はAndroidのセキュリティ設定が登録できます。精度は問題なしです。 動作については、これはかなりサクサクしていて、iPhoneユーザが移行しても違和感はないでしょう。 ゲームやネットサーフィンなどしていても、特にもたつきを感じることはありません。 発熱もそんなに気にならないです。 画面は有機EL搭載なので、発色が良く綺麗です。 通知用のLEDが搭載されていませんので、人によっては不便に感じるかもしれません。 その代わり、アンビエントディスプレイ機能が搭載されていて、端末を少し傾けるだけで通知内容が確認できます。 電池持ちについては、待機電力の管理が優秀です。 ネットサーフィンやゲームをしていればガシガシ電池は減りますが、何もしていない時はほとんど電池が減りません。 通勤時に100%からゲームやネットサーフィンをして80%まで減った電池は、8時間たっても1%~3%程度しか減らなかったです。 アプリやネットでガシガシ減るので、モバイルバッテリー不要とまでは言い切れませんが、人によってはモバイルバッテリーが不要になるかもしれません。 内蔵アプリについては、モトローラ製アプリが数種類入っている点以外は素のAndroidです。 そして、この機種の目玉はMotoModsです。 これは何なのかというと、簡単に言えばMotoZシリーズ用の拡張モジュールのことです。 たとえば、先程出てきたスタイルキャップもMotModsの拡張モジュールの一つです。 他にも、カメラレンズやプロジェクター、スピーカー、拡張バッテリーがあります。 MotoModsは本体の背面にくっつけるだけで、機能を拡張したりバッテリーを拡張できます。 私は以下の拡張バッテリーとスピーカーを併せて購入しました。 モトローラ Incipio バッテリー Moto Mods ホワイト国内正規代理店 ASMESPRWHTAP モトローラ JBL スピーカー Moto Mods ホワイト国内正規代理店 ASMCNRTWHTAP スピーカーは、つけるとスマフォとしてはアウトなくらいには分厚くなりますがまぁ、常時付けるものではないのでそこは気になりませんね。 音質はまぁ、普通です。内蔵スピーカーよりは圧倒的に良いです。 キックスタンドがついていますが、角度調整ができないところが微妙です。 そうそう、スピーカーモジュールを付けると自動的に認識され、音声出力はスピーカーモジュールからしてくれるようになります。 拡張バッテリーですが、無線充電タイプもあります。ですが、私は有線タイプを購入しました。 理由は、無線充電のための充電器を別途購入するのが煩わしかったからです。 拡張バッテリーの容量は2,220mAと大容量ですが、その割にはあまり分厚くないです。 重さは持つとずっしりと感じるくらい重いです。 ですが、無印Moto Zの場合は本体自体がかなり軽量なので、取り付けてもそんなに気にはなりません。 Playは無印よりも重いので、さらに重く感じてしまうかもしれません。 取り付けるとこちらも自動で認識して、拡張バッテリーから電力供給が可能な状態になります。 尚、オプションで本体のバッテリーを100%で維持するか、80%で維持するかを設定することができます。 80%維持ですと、本体バッテリーが80%以下にならない限りは拡張バッテリーから電力供給されませんので、拡張バッテリーの電池持ちが良くなります。 私は80%維持に設定しました。100%付近を行き来するのは本体バッテリーによろしくないので。。 拡張バッテリー自体の充電は、通常の充電方法だと本体の充電が完了すると拡張バッテリーが充電されます。 本体に付属していた急速充電アダプタを使うと同時充電できます。尚、拡張バッテリー単体での充電は不可能です。 値段ですが、64GBモデルのみで約89,000円くらいです。正直、高いです。 MotoModsでカメラやスピーカー、拡張バッテリー、プロジェクターを揃えようなら20万近くはします。 まー、そこまで揃える人は少ないでしょうが、拡張バッテリーとスピーカーも併せて買うと10万くらいになります。 対して、Playは約5万円で買えます。MotoModsを揃えても10万以内で収まると思います。 Playとの違いは、 ・SoCがSnapdragon 820とハイエンド ・RAM容量、ストレージ容量がPlayより多め ・イヤフォン端子無し ・バッテリー容量がPlayより600mA少ない ・DSDSがSDカードと排他使用 ・カメラの画素がPlayより300万画素低い ・画面解像度はQHD(PlayはFHD) ・本体重量がPlayより約30g軽い といったところですかね。 バッテリー容量やカメラ、DSDS周りなどに融通を利かせたPlayに対して、その辺を削ぎ落としてその分を性能や軽量化等に回したのが無印といったところでしょうね。 でも、それを考えても89,000円は高いですねぇ・・・もうちょっと価格抑えても良かったのではと個人的には思います。 さて、総評に移りますが・・・。 性能的には申し分なく、本体は軽量で薄型、バッテリー持ちも良いし、MotoModsという面白い機能があるという点ではこの機種はおすすめできます。 ただ、性能にこだわりがなく、イヤフォン端子やカメラ、DSDSとSDカード同時使用を重視するならPlayをおすすめします。値段も安いし、こちらでもMotoModsを使用できます。 Moto Zを検討中の人は、両者の機能を比べて見て、可能であれば店頭で実機を触って決めると後悔せずに済むと思います。 私は、無印Moto Zを買ってよかったと思っていますし、後悔もしていません。 この辺で〆ます。 ではでは。 商品リンク: モトローラ スマートフォン Moto Z 64GB ブラック 国内正規代理店 AP3786AE7J4 モトローラ スマートフォン Moto Z Play 32GB ブラック 国内正規代理店 AP3787AE7J4