Kindle

マンガ・イラスト・同人誌など創作関連の書籍がKindleセールでなんと半額以下!!評判の本がたくさん揃ってます

絵師、イラストレーター、アニメーター向けの創作関連の書籍が、Kindleセールで半額以下になっています。 最近発売されたばかりの本から、ベストセラーの本まで。 評判が高い話題の本が揃っているので、要チェックです! 開催さ

...記事の続きを読む

Amazon、Kindle Oasisを防水に。7インチ画面とAudible再生も

Amazonが先週の大発表イベントで新しいKindleを出さなかったことに、がっかりした人は多い。だが心配はいらない。Amazonはハードウェアのルーツを忘れてはなかった。思えば7月のプライムデーは、アメリカでも世界でもKindleが一番売れた日だった。先日Kindleの発表がなかったのは「イベントをAlexaに特化するため」だった。

AmazonはKindle十周年(11月9日)よりひと月ほど早く、ハイエンド機Kindle Oasis の改訂を発表した。この新しいKindleは初めてIP8クラスの防水機能を備え、海岸や風呂で読書を楽しめる(Koboには数世代前からある機能)。Bluetoothを使ってAudibleを直接再生することもできる。

今回の改訂は最初のOasisが出てから一年半後になる。最高級Kindleリーダーである同機種は、比較的狭い範囲の消費者がターゲットになる。単一機能の高級機に相応の値段を払える人たちだ。新Oasisの価格は249ドルから。

同社で最高解像度(300 PPI)のスクリーンはサイズが7インチ。これはAmazonが何代か前に決めたかにみえたEリーダー標準サイズよりも1インチ大きい。巨大なKindle DXなどの大画面もあったが、Amazonや主要ライバルの本命は常に6インチだった。

もちろん大画面の魅力は明白だ。ページあたり30%多くのテキストが表示されるので、ページをめくる回数が減る。マンガのような画像中心の作品を読むのにも有利だ(私はEリーダーの漫画をまだおすすめしないが)。欠点も同じく明らか:場所を取ることだ。

それでもAmazonは、比較的薄いのでズボンのポケットにも入るように作ったと言っている。それはこの手の製品のベンチマークのようになっている ―― もちろん人によって違うが。

画面が広いということは、バッテリーを収納する場所が増えたことを意味する ―― しかしこの会社はまたも裏面にバッテリーが不格好に飛び出すデザインを選択した。バッテリーが一か所に集中しているということは、重量が均一に配分されていないという意味だが、ほとんどの重さを手のひらで支えるようにデザインされている。

画面の明るさはAmazon史上最高だ。LEDが前機種の10個から12個に増えたため、いっそう均質な照明を得られる。ガラスもAmazon最強で、自社製のゴリラガラス相当品だと会社は言っている。いずれも小さいけれども気の利いた最高級Eリーダーにふさわしい工夫がなされている。

物理的ページめくりボタン ―― 正直なところ初代Oasisで一番うれしかったのがこれだった。これも小さなことだが、Barnes & NobleがNookの製造を中止していらい本当に待ち焦がれていたからだ。加速度計も内蔵しているので持ち方に応じて方向が自動的に切り替わる。左利きの読者に朗報だ。これは横位置でも読めるという意味でもあるがおそらくあまりアピールしないだろう。

内蔵BluetoothのおかげでAudibleの再生が可能になった。AmazonはKindleの旧機種にもアクセシビリティ対応として同機能を追加する予定だが、Oasisが先になった。テキストとオーディオのセットで本を買ったユーザーがこの機能を利用できる。

ソフトウェアにもちょっとした工夫が加わった。フォントサイズの段階が増え、どのフォントもボールドにできるようになった。テキストの行端揃えも可能になった。新OasisはAmazon独自ファイル形式のほかに、TXT、PDF、MOBI、およびPRC。これは、私のようにEPUBファイルを大量に使っている者にとってはがっかりだが、Amazonの囲い込みとストアの重要性を考えれは当然ではある。

もうひとつ、例によって拡張メモリーはないが内蔵メモリーが8 GBに倍増した。32 GBモデルもある。メモリーの拡大はAudibleファイル用のローカルストレージが必要なためだろう。充電ポートはまだmicroUSBだが、高速充電で2時間でフルになる。これ約6週間に相当する ―― 以前のOasisより2週間短いが、それでもかなりの読書時間だ。

新Oasisは今日から予約受付中で、ハロウィンに発送される。価格は249ドルからで、LTE対応の32 GBバージョンは100ドル高くなる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

電子書籍リーダー「kindle oasis」を買ってみた

どーも、サツキです。 仕事の方も大分落ち着き、ブラック企業並みの勤怠を強いられることは無くなりました。 今月は丸1週間お休みを頂けることになりましたので、その期間である程度リフレッシュ出来たらなと思います。 しかし、それでも1週間程度では足りないくらいですね・・・先々月までの勤怠状況を考えると1ヶ月まるっと貰ってもいいくらいでした。 でも、そんなに貰ったところで遠出する予定がないから1週間程度で丁度良いのかもしれません。 さて、前置きはこのくらいにして・・・。 そろそろ電子書籍リーダーが欲しいなぁと思って買ってみました「Kindle Oasis」。 巷ではネガティブな意見が多数散見される本製品・・・果たしてそんなにネガティブに捉えるほどの物なのでしょうか。 ということで、興味半分で且つ、初電子書籍リーダーの一つとして(価格的に)大きな買い物をしてみました。 電子書籍リーダーと言えば、専用端末にフォーカスすると、 ・楽天のkobo ・AmazonのKindle ・SONYの電子書籍リーダー が主な端末として挙がります。 そして、よく知られ使われて居るであろう端末がkoboかkindleです。 oasisはkindleシリーズの最上位機種という位置づけになります。 特徴は、長時間バッテリーと軽量・薄型になった本体、多数のLEDフロントライトが挙げられます。 解像度は300dpiと高解像度です。 kindleシリーズを始めとする電子書籍リーダーには電子ペーパーという物が採用されていて、これは液晶に比べて省電力で、視認性が高く、薄型化が容易であることが特徴として挙げられます。 しかし、カラー化は液晶に比べて課題が多く、実用化にはまだまだほど遠いレベルなので、白黒表示しかありません(出来ないこと無いけど鮮やかさ等にかけたり、白黒+1色が限界だったり・・・)。 oasisも白黒のみ対応です。 さて、お待たせしました。ここからoasisのファーストインプレッションです。 まずはパッケージです。青を基調としたパッケージに本体がデカデカと写っています。 裏面。各国の言語で簡単な説明文が書かれています。 開けると中から二つの箱が登場。 片方には本体、もう片方にはカバーが入っています。 2つの箱の中身。 本体、バッテリー内蔵カバー、USBケーブル(Micro)、その他スタートアップガイドが入っていました。 これがKindle本体です。 これ、画像ではわかりませんが、紙がはめ込んであるのでは無く既に画面に映っている画像です。 裏面。接続用のコネクタがあります。 下部を横から見た図。 公式で薄いと言っているのは、左側の薄さのことですね。 右側は若干厚みがあります。 上部を横から見た図。 この画像ではわかりにくいですが、電源ボタンとUSBコネクタがあります。 アップ画像。ご覧の通りですw バッテリー内蔵カバーです。 表面にはAmazonのロゴが書かれています。 裏面。接続部分がバッテリーになっています。 裏面からもAmazonのロゴが見えますね。 装着してみた。 閉じてみた。ちょっとした手帳に見えますね。 起動中… 起動が完了したホーム画面。 ここにはoasis本体にダウンロードした書籍とお勧め書籍が表示されます。 ちなみに、これがスリープ画面です。 この画面は電力を消費しないそうです。バックライトを必要としない電子ペーパーならではですね。 さて、使ってみての感想ですが・・・。 初めて電子書籍リーダーという物を触りましたが、想像以上に見やすく、綺麗ですね。 バックライトを必要としないので、長時間見続けていても疲れにくいです。 液晶画面だと、輝度を調節しても長時間の閲覧は目の負担になりますからね。 電子ペーパーの性質上、ページめくりや画面の切り替え時には暗転が生じます。 とはいえ、液晶で見たときのように目がチカチカするということはないのですが、たまに煩わしく感じます。 ページめくりの物理ボタンが付いているので、片手でもページめくりの操作が可能です。 この点は私は気に入っています。ボタンで操作できると楽なときもありますし。 重さはカバー込みでもそんなに重くは感じませんでした。 レビューではカバー込みでは重いと騒がれていますが、私からすればそれは誤差でしかありませんでした。 確かに、カバーを外した方が圧倒的に軽いですが、そんなに気にするほどでも無いと思います。 慣れればカバー込みで長時間読書も苦にはならないと思います。充電の心配をする必要もなくなりますしね。 電池持ちですが、カバーを付けた状態だと1、2週間くらいは持ってくれます。 使い方次第ではもっと持つと思います。カバーを外すと1週間くらいしか持ちません。 まー、本体のバッテリー容量はそんなに多くないので短くなるのは当然ですがね。 本体容量ですが、技術本とか小説とか、テキストベースの本であれば100冊分とかそれ以上は入るでしょう。 漫画みたいに絵が多い書籍は容量も大きくなるので、100冊分も入らないかと思います。 活字主体の書籍をたくさん読む人には向いているように思います。 そして、お値段ですがキャンペーン情報(広告)なしモデルで、37,980円します。 電子書籍リーダーとしてはかなりお高い値段設定です。 手軽に試すには結構敷居が高いかと思います。 総評としては、コンパクトで長時間持っていても疲れない電子書籍リーダーを求めているならこれはアリだと思います。 初めて電子書籍リーダーを購入する人で、電子書籍を家でも外出先でも読みまくりたいって人にもこれは選択肢に入れても良いと思います。 予算にが許すならば、導入する電子書籍リーダーとして視野に入れても良いと思います。 手軽に試したい、画面が大きい方が良い、リーダーに3万7千円も出せない、家でしか電子書籍を読まないって人はPaperWhiteを買った方が幸せになれると思います。 ちなみに、Kindle全般に言えることですが、買うならキャンペーン情報なしを買いましょう。きっと、広告表示に鬱陶しさを感じると思います。 ちょっと高くなりますけど・・・まぁ、広告が消えることを考えたら誤差程度に考えたら良いと思います。 レビューは以上です。 ではまた次回。