今日(米国時間10/12)午前、bitcoinが5000ドルを超え、5300ドル前後を行き来している ―― 前日より10%近い高値だ。

同暗号化通貨が安定して5000ドルを超えたのはこれが初めてだ。9月に一部の取引所で5000ドルを一時的に超えたケースはあったが10分ほどしか続かなかったため、今日は初めて安定してこの歴史的節目を超えた日となった。

YTD chart of bitcoin

今日のbitcoinの高値をほかの暗号化通貨が追随しているわけではないのは興味深い。リーダー格が価格変動を起こすと暗号化通貨市場全体がついてくるのが普通だ。しかし今回、Ethereumがわずか2%高、Rippleは2%安だった。Litecoinは唯一bitocoinの動きを真似た通貨で、本日同じく10%近く上昇した。

この節目はbitcoinが4000ドルを超えた後ちょうど2か月後にあたる。これはbitcoinの回復力を示す証拠だ。先月中国がICOおよび暗号化通貨取引所を全面的に禁止した後、一時的に値を下げていたことを踏まえるといっそう顕著だ。

何が価格変動を引き起こしているかを正確に知ることは常に困難だが、機関投資家が主役を演じていると多くの人が考えている。最近ウォール街の多くの銀行がこの暗号化通貨に関心(または無関心)を示しており、CNBC始め主要金融メディアは従来型有価証券と同様にbitcoinを取り上げている。

皮肉なことに、今日の午前JP MorganのCEO Jamie Dimonは決算報告会見で、「今後bitcoinの話はしない」と語った。ひと月前、同氏はbitcoinは「詐欺だ」と話し、その結果bitcoin価格は5%下がった。

さて次はbitoinに何が起きるのか? 同通貨は11月末に再度の「ハードフォーク」が実施される予定で、一部のデベロッパーはSegWit2Xというプロトコル変更を提唱している。どれほどの採掘者がこのプロトコル変更を支持するのかは未だに不明だが、Bitcoin Cashのようなbitcoinスピンオフが再び現れる可能性はある。

いずれにせよ、価格はどちらの方向にも極めて変動しやすく、来月スケーリングの議論が願わくば解決するまで続くだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook