expedia

Expedia CEO コスロウシャヒ氏、Uber CEO就任を承諾

契約成立までにはまだ手続きが必要だが、Expedia CEOのDara Khosrowshahiは、Uber CEOの就任依頼を受ける意向であることを、今日(米国時間8/29)Wall Street Journalに 伝えた

Uberの取締役会は日曜日の夜、 全会一致でKhosrowshahiをUberの新しいトップに指名したが、これまで本人から正式な回答はなかった。GEのJeff ImmeltとHP CEOのMeg Whitmanが最後まで候補にあがっていた。

なお、現時点でKhosrowshahiはまだ、ExpdiaのCEOである。

もちろん、彼にはやらなくてはならないことがいくつかある。中でもUber前CEO Travis Kalanickの社内での役割をどうするかは大きな課題だ。Kalanickは去る6月に、#DeleteUber ムーブメントや性差別的企業カルチャー、さらには自動運転技術を巡るGoogleとの裁判など数々の騒動を理由にCEOの座を退いたが、今もまだUberの取締役であり、同社の支配力を有する株主でもある。

Khosrowshahiは、Kalanickを経営に関わらせるつもりだと言い、二人の関係は「築きつつある」と説明したが、それ以上は語らなかった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Uber、新CEOに2億ドルを支払う?

日曜日(米国時間8/27)、Uber取締役会はExpediaのCEO Dara Khosrowshahiを新CEOに指名した。そしてBloombergによると、彼を獲得するために会社は大枚を支払う必要があった。

Khosrowshahiは2005年からExpdiaのトップを務め、日曜日時点で1.85億ドルの未確定ストックオプションを持っていた。そんな大金を手放すことは、Uberがそれ以上を提示しない限りあり得ない。

一般に会社幹部の報酬は、大部分が株式と結びついた形で受け取る。会社の価値を高め、その職に留まることを動機づけるためのしくみだ

評価額680億ドルのUberには、膨大な報酬パッケージを提示する余裕がある。UberがOttoを買収したとき、ファウンダーのAnthony Levandowskiには2.5億ドルを支払った

Uberは非公開企業のため、Khosrowshahiの報酬や持ち株を公表する必要はない。

The New York Timesによると、Charter CommunicasionsのCEO、Thomas Rutlegdeは昨年最も報酬の高かったCEOで、2016年だけで9800万ドルを稼いだ。CBSのLes Moonvesが6860万ドル、Madison Square GardenのCEO、David O’Connorが5400万ドルで続いた。

Khosrowshahiは2015年に 9500万ドル近くをExpediaから受けとり、米国実業界で最高水準の報酬を得た経営者の一人だった。金額の大部分は2015年3月にExpediaが供与したストックオプションによるもので、数年にわたって権利行使されると思われていた。

しかし、彼の給与はさほど高くない。2014年のKhosrowshahiの報酬は計960万ドルだった。昨年手にしたのは給与とボーナスを合わせて240万ドルだった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook