CAD

DropboxがAutodeskを統合、大きな設計ファイルのコラボレーションがクラウドを意識せずにできる

Dropboxが今日(米国時間11/14)、Autodeskのユーザーが大きな設計ファイルに、より容易にアクセスし共有できるための、二つのプロダクトを発表した。ひとつはDropboxに保存しているAutodeskのファイルをAutodeskのソフトウェアからオープンしセーブするためのデスクトップアプリケーション、もうひとつはAutodeskがなくても設計ファイルを見ることができるアプリケーションだ。

Dropboxでデベロッパーユーザーのお世話を担当しているRoss Piperによると。今DropboxにはAutodeskのファイルが15億あり、毎月8500万ずつ増えている。数も驚異的だが、設計ファイルはファイルサイズが大きい。大きくて複雑なファイルが毎日たくさん生成されるからこそ、クラウドストレージが何よりもありがたい。だからAutodeskの統合はDropboxにとって、とっくにやっているべき課題だった。

両社は互いにパートナーになることによって、これらのファイルをもっと扱いやすくしよう、と決心した。

Dropboxのデスクトップアプリケーションは今日から可利用になり、ユーザーはAutoCadアプリケーションから直接に、クラウド上(==Dropbox上)の.dwg設計ファイルをオープン/セーブできる。ユーザーはAutoCadの中で直接これらのファイルを開ける。その感覚は通常のファイルと同じで、Dropboxから取り出していることを意識しない。作業を終えたファイルの保存も、自動的にDropbox上へ行われる。

DropboxがAutoDeskを直接統合。写真提供: Dropbox

もうすぐ提供される単独のビューワーアプリケーションは、設計ファイルをAutodeskのないユーザーとも共有できる。しかも、それらの人びとがファイルにコメントできるので、役員や顧客、協力企業などが変更を要望するなど、設計に容易に‘参加共有’できる。

たとえば、設計者が描いた図面を見て、その中のひとつの部屋や領域をセレクトすれば、その部分に関するコメントを見たり書いたりできる。

写真提供: Dropbox

Dropboxが提供するこれらのツールは、AutodeskのAutoCad App Storeからダウンロードできる。そして、インストールすればすぐに使える。

今回の発表は、Autodeskのような有力なサードパーティパートナーとDropboxの深い統合が、今後もいろいろありえることを示している。各種ビジネスアプリケーションのユーザーは、いちいちDropboxからファイルをダウンロード/アップロードしなくても、仕事用のメインのソフトウェアを使いながら、その中で、必要なファイルのオープン/セーブがごく自然に、できるようになるのだ。

実はBoxも、Autodeskとのこのようなパートナーシップを、2年前から結んでいる。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

【KEY】アメリカ・日本 対象を特化する

【アメリカ】ディーラーインセンティブにテクノロジーを導入

◆アメリカのDealer Marketing magazine社は、B2B企業ディーラーの課題である、オンライン及びモバイルでのインセンティブテクノロジーを利用するための手法について、同社の“Dealer Marketing Magazine”に掲載された、インセンティブ企業のCEOによる記事について発表した。同誌は同社のディーラー対象業界専門誌である。◆

従来、ディーラーにおいてインセンティブプログラムを成功させることはむずかしい。オンラインでの褒賞、旅行やギフトカードなどのインセンティブプログラムを提供するIncentive Solutions社CEOによる、“Dealer Marketing”誌の記事は、コミュニケーションとデータ交換技術の進歩が、より有効なインセンティブプログラムと共に売上を増加させるために、ディーラーが求めるものだという。

オンラインとモバイルのインセンティブテクノロジーによって、ディーラーは、インセンティブプログラムに参加するセールス担当者すべてに多様な褒賞を与えることができる。同一のプラットフォームにおいてディーラー網全体を通して、複数のセールスプロモーションのスケジューリング、管理、実施及び結果の把握を行う。目標の違う複数プロモーションを管理し、セールス担当者が何を獲得したかによって、異なる褒賞を出すことができる。

【企業サイト】Dealer Marketing Magazine

             

【日本】アプリで手軽にCtoC配送

◆CBcloud株式会社は、自社が提供している物流プラットフォームの名称を、“軽town”から“PickGo”に変更し、その対象領域・サービスを、CtoC向けに拡大することを発表した。本サービスでは、個人事業主ドライバーと、引越し希望者をマッチングすることにより、リーズナブルな価格で、簡単に引越しをすることができる。同社は、主に軽貨物クラウドソーシング事業を手掛ける企業。◆

“PickGo”は、登録されている1300名の個人事業主ドライバーと、引越し希望者をマッチングし、リーズナブルな価格で、簡単に引越しをすることができるサービスだ。本サービスでは、単身引越しや、少ない荷物での引越しのほかにも、大型家具の配送や、イベントへの搬入など、利用者のニーズに合わせた配送が可能となっている。利用の際には、アプリを通して依頼を一斉配信することで、各ドライバーから配送料金の提示が行われるほか、直接の交渉にも対応している。

また、本サービスは、ドライバーにとっても、手軽に配送依頼を受けることができるだけでなく、帰り便や空き時間の有効活用にもつながる。配送料金は、最低提示価格が5000円からとなっており、支払いにはクレジットカード決済が利用できる。

【サービスサイト】PickGo

             

【日本】VRで離れた相手とCADデータ共有

◆日本の株式会社モノビットは、自社の提供する“モノビットエンジン”が、平田機工株式会社の複数人参加型CAD・VRシステムに採用されたことを発表した。これにより、VR空間内において、海外を含めた各拠点や遠隔地のメンバーと共に、コミュニケーションを取りながら、3DCADデータを実物のように扱うことが可能になった。株式会社モノビットは、ゲームとネットワークのテクノロジーをベースに、様々なエンターテインメントコンテンツ制作を行っている企業。◆

平田機工株式会社は、生産設備のシステムインテグレータとして、世界中で工場の生産ラインを製造している企業だ。今回、同社が、複数人参加型CAD・VRシステムに“モノビットエンジン”を採用したことで、VR空間内において、海外を含めた各拠点や遠隔地のメンバーと共に、コミュニケーションを取りながら、3DCADデータを実物のように扱うことが可能になった。さらに、VR空間内で、装置間の干渉やメンテナンス等の検証ができるため、確認作業時間の削減も実現している。

また、採用された本エンジンには、マルチプレイゲームを簡単に実装できる“Monobit Unity Networking 2.0”と、仮想空間でコミュニケーションが取れる“VR Voice Chat”が用いられており、どちらも公式サイトから無料でダウンロードが可能だ。

【企業サイト】株式会社モノビット