解析

【KEY】アイルランド・日本 最適なターゲットに集中

【アイルランド】2023年までのMAソフトウェアの国際市場予測

アイルランドのResearch and Markets社は、”Global Marketing Automation Software Market Size, Share, Development, Growth and Demand Forecast to 2023″(MAソフトウェア国際市場、市場規模、シェア、開発、成長、ニーズ、デマンド、2023年までの予測)レポートの販売開始を発表。

Research and Markets社のレポートは、この期間の年平均成長率を8.5%、売上額は69億ドルを超えるとする。現在は、Marketo、Oracle、 Salesforceなどの有力企業が市場をリードしているが、費用対効果に優れたソリューションを提供する新規参入が増加し、市場の成長は速いと考えられる。

市場トレンドとしては、ダイナミックキャンペーンの管理、アカウントベースドマーケティングの出現があげている。市場の成長要因は、既存顧客の維持にMAソフトウェアを使いたいという国際的なニーズと、パーソナライズされたeメールマーケティングや顧客によるスコアリング機能の必要性である。

MAによって、ブランドに対する認識を持たせ強化するために、企業は、適切なメッセージを適切なターゲットに、適切なチャネルを通して、適切な時に配信するという統合型コンテンツマーケティングを求めている。企業の規模を問わずMAソリューションが必要となり、市場をさらに拡大させていく。

今後の製品開発においては、マーケターに何をすべきかを伝えることができるプレディクティブテクノロジー(予測技術)へのシフトが、予測されている。

【レポートサイト】Global Marketing Automation Software Market Size, Share, Development, Growth and Demand Forecast to 2023

           

【日本】人工知能でリード獲得を自動化

◆日本の株式会社WEICは、ターゲット抽出とリード獲得を自動化する、見込み客選定・獲得システム“SALES BASE NIKITA”の提供を開始。本サービスの特徴は、リード獲得難易度を考慮した、完全成果報酬型でスタートできることだ。◆

“SALES BASE NIKITA”は、400万件の独自企業データベースと、膨大な営業データを人工知能で解析することで、最適な見込み客を予測し、最新のリード獲得を実現するクラウドサービスだ。営業データの解析には、同社が新たに開発した、ターゲット抽出エンジンを採用。

また、ターゲット抽出の際には、ユーザーそれぞれの商品・サービスに合致したリストを生成し、リード獲得率の算出を行う。これにより、従来のリード獲得方法のように、自社の商品・サービスに興味のないリードが、一括資料請求などによって獲得され、それに対して成果報酬課金が発生してしまうというような課題を、解決することが可能だ。

株式会社WEICは、ビッグデータを活用した、クラウドインサイドセールス事業を展開するジネスサポートカンパニーだ。同社では、本サービスの他に、eラーニングシステムや、営業現場における生産性向上・効率化などにも取り組んでいる。

【企業サイト】株式会社WEIC

             

【日本】AIで分析したデータをEC広告運用に活用

◆日本の株式会社マージェリックは、AIでネットショップ運営の自動化を推進するサービス“bambooshoot”と、ECモール用広告運用システム“bambooshootAD”を提供している。同社は今回、これらのサービスが、株式会社菱屋に導入された結果、ROAS 710%を達成した成功事例を発表した。◆

“bambooshoot”は、ECモール出店店舗のデータをもとに、購買傾向や販売対象を自動抽出し、売上向上施策を収集・分析・評価することができる、ネットショップ運営支援システムだ。同サービスを、ECモール用の広告運用システムである“bambooshootAD”と併せて利用することで、効率的なEC店舗運営と、広告効果収益性改善を実現することが可能になる。

株式会社菱屋は、靴のオリジナルブランドを、ネット通販で販売していたが、広告の効果測定ができず、広告運用の効率化が課題となっていた。そこで、“bambooshoot”を導入し、ECサイトに来訪した顧客層や、アクセス元を分析、そして、その結果をもとに立てた広告戦略を、“bambooshootAD”で運用することにより、広告投資対効果を大幅に改善することができた。

株式会社マージェリックは、AIによるEC運営サポートを手掛ける企業。同社は今後、“bambooshoot”で得られた顧客分析の結果を、オリジナルブランドの製品開発にも活用していくとしている。

【企業サイト】株式会社マージェリック

             

【日本】動画メールの閲覧結果を配信システムに自動反映

◆日本の株式会社パイプドビッツは、自社の提供する、情報資産プラットフォーム“スパイラル”と、ピーシーフェーズ株式会社提供の、埋め込み型動画メール作成ツール“Vmail”において、連携ソリューションの提供を開始した。この連携により、“スパイラル”から動画付きのHTMLメール配信、および動画の閲覧状況に応じたメールマーケティングが可能になった。◆

株式会社パイプドビッツの“スパイラル”は、販売促進や、CRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、様々な重要情報資産を安全に管理するプラットフォームだ。今回、同プラットフォームと、メールマーケティングに最適な、動画メール作成ツール“Vmail”が連携したことで、メール受信者の閲覧動向に合わせた、最適な動画メール配信を行うことができるようになった。

そして、“スパイラル”に反映された動画の閲覧結果をもとに、商品に関する動画を閲覧した人を抽出し、関連商品のお得情報やクーポンメールを送る、といったことも可能だ。また、“Vmail”では、あらゆるメール配信システムに対応しているため、手軽にメールマーケティングを始めることができる。

株式会社パイプドビッツは、官公庁、金融、教育機関など、様々な業種を対象に、情報資産管理支援を行っている企業だ。同社は他にも、標的型メール攻撃対応訓練サービスや、SNS連携など、幅広く活用できるソリューションを提供している。

【企業サイト】株式会社パイプドビッツ 【企業サイト】ピーシーフェーズ株式会社

【日本】社内のつながりを可視化する分析サービス

株式会社Beat Communicationが提供する“Beat Analytics”の特徴は、データ分析の基本機能を網羅しつつ、分析から得られた結果を、経営に活かす仮説を立てるまでの支援を行う点だ。これにより、従来のテキストマイニングツールにおける、分析結果をどう活かせばいいのかわからないとった課題を、解決することができる。

また、本サービスでは、社内SNSのテキストマイニングだけでなく、組織図に現れない社員のつながりを可視化するネットワーク分析や、経営判断がコミュニケーションに与える影響を判断する、ポジティブ・ネガティブ発言の分析が可能だ。

価格は、初期費用が30万円で、ソーシャル分析の単体利用が14万円から、分析コンサルティングがプラス10万円からとなっている。株式会社Beat Communicationは、主に社内SNSの導入支援を行っている企業。

【企業サイト】株式会社 Beat Communication

【技術トピックス】2017.8.8

【日本】社内ポータルのアクセスを詳細分析

◆日本のディスカバリーズ株式会社は、“Microsoft Office 365”のログ分析・レポートサービスである“インテリレポート”において、管理ユーザーを追加できる新機能を加えた、バージョンアップを行ったことを発表した。これにより、サイトコレクション単位での、詳細なアクセス解析を行えるようになった。同社は、社内ポータルサイトの運用支援を手掛ける企業。◆

“インテリレポート”は、“Office 365”サイトのアクセスログを分析し、アクセス頻度や時間帯、利用傾向などを、把握することができるサービスだ。今回、本サービスにおいて、新たなバージョンアップを行い、管理ユーザーを追加可能にしたことで、部門や部署単位での、アクセス解析ができるようになった。これにより、特定のサイトコレクションの監査ログから、誰がどのような操作をしたかといった、詳細な情報を把握し、サイトコレクション単位での改善と運営が可能になる。

また、同社では他にも、企業の情報共有課題を解決するために、Microsoft社の“SharePoint”のアドオン製品として、“文書管理ソリューション”や“プロジェクト管理ソリューション”などを活用できる、“Discoveries InSite”の提供を行っている。

【企業サイト】ディスカバリーズ株式会社

             

【日本】印刷用データの分散処理技術が特許を取得

◆日本の株式会社フライデーナイトは、デジタルデータやプログラムと、印刷のワークフローをつなげるプラットフォーム“コーデンベルク”において、クラウド環境で印刷用データの取り扱いを自動化する技術を開発し、特許を取得したことを発表した。同社は、主に印刷プラットフォーム事業を手掛ける企業。◆

“コーデンベルク”は、システムと印刷工場をAPIでつなぐことで、印刷関連業務を自動化や、印刷工程のコントロールを実現する、印刷プラットフォームだ。今回、特許を取得したのは、同プラットフォームにおける、大容量ファイルの送受信や、印刷用データ生成の際に、自動的に分散化処理を行い、処理負荷を軽減する技術だ。これにより、プログラマブルな印刷用データ生成の実現が容易になり、印刷業務の一部を自動化することで、印刷物による新しい価値提供が可能になる。

また、同プラットフォームでは、顧客データや接客履歴、ビックデータなどと連動することで、パーソナライズされた印刷物を簡単に作ることもできるため、パッケージデザインのA/Bテストや、デジタルチャネルから実店鋪への、来店促進と成果の計測などを行うことが可能となっている。

【サービスサイト】コーデンベルク

           

【日本】新APIでマーケットプレイス利用がさらに快適に

◆イーベイ・ジャパン株式会社は、世界最大規模のマーケットプレイス“eBay”での、出店やショッピング体験をさらに快適にするために、新たなAPI“Commerce API”を公開したことを発表した。これにより、セラーは、eBayマーケットプレイスのカテゴリー分類を最適化し、より多くの人の検索結果に、商品をマッチさせることが可能になった。同社は、世界をリードするコマース企業の日本法人である。◆

“Commerce API”が公開されたことにより、セラーは、eBayマーケットプレイスのカテゴリー分類に対して、最適なカテゴリー案を得ることができるようになり、より多くの人の検索結果に、商品をマッチさせることが可能になった。さらに、自社や外部サイト、ブログ等で商品を紹介し、決済までできる仕組みを実現している。また、バイヤーにとっても、探しているものをさらに簡単に見つけられ、快適なショッピングを体験することが可能だ。

一般公開されている“eBay”の販売APIは、8億品以上の新規出品作成と、42億ドル以上の総流通額を既に達成している。同社は、本APIにより、国内企業の越境ECを推進し、ビジネス拡大や、新たな販路開拓のサポート拡充を、図っていくとしている。

【関連サイト】eBay Developer Portal

膨大なデータに価値を見出すビッグデータ活用術

ビッグデータの活用が官民ともに騒がれるようになりました。官では、解決できていない社会問題のため、民では、ビジネス効率化のためにビッグデータに救いの手を求めています。 ・膨大なデータが簡単に蓄積される時代になった ・ビッグ … 続きを読む →