観光

NvidiaがスマートシティプラットホームMetropolis AIでAlibabaやHuaweiとパートナー

NvidiaのスマートシティプラットホームMetropolis AIは、まるでDC Comicsのスーパーマンの漫画にあったような名前だが、実際にはそれはGPUを使用するインテリジェントなモニタリングツールで、渋滞の解消とか、行政サービスの適正配分、迷子の老人や子どもの発見など、さまざまな業務を助ける。このほど同社は、Mtropolisの本格的な普及を目指してAlibabaおよびHuaweiとパートナーし、またMetropolisの一般供用バージョンにはそのSDK、DeepStreamを含めることになった。

Metropolisはビデオを使用し、2020年までには10億台以上の、インターネットに接続されたカメラを世界中の都市に据え付けて、警察や都市計画などあらゆる行政サービスをアシストするデータ分析AIアプリケーションを稼働させる。

Nvidiaは今日北京で行われた同社のGTXカンファレンスで、そんなアプリケーションの一端を紹介した。たとえば中国のHikvision Research Instituteのプロジェクトは、Jetson, Tesla P4, DGX-1といったNvidia製品〔主にディープラーニング関連〕を組み合わせて、顔画像と個人プロフィール情報のマッチングを90%の確度で行う。

こういった監視システムにはオーウェルの‘ビッグブラザー’的な気色悪さがつきまとうが、円滑で安全な都市交通ネットワークのための自動化情報システムが実現するためには、それが必要な第一歩だろう。たとえばAlibabaが考えているのは、都市計画部門における行政サービスの改善だ。またHuaweiなどは、もっぱら警察用アプリケーションに注力している。後者はそれこそ、ビッグブラザー問題を内包するかもしれない。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

【日本】AIを活用してWebコンテンツのニーズを抽出

“MIERUCA”は、自然言語処理を応用することで、検索ユーザーのニーズを抽出・分析し、コンテンツづくりの的確な支援を行うツールだ。本ツールでは、改善すべきページの抽出や、ライバルサイトとの差異の発掘などといった、主にWebコンテンツ改善に活用できる機能が、豊富に用意されている。

旅行会社である株式会社阪急交通社では、自社サイトにて、ユーザー向けの、特集コンテンツの製作に力を入れていたが、インサイトの読み解き精度において、課題を抱えていた。そこで、“MIERUCA”を導入し、登山の特集ページを調査していたところ、靴の種類や、マイカーでのアクセス、周辺の観光ルートについての、情報を求めるユーザーが多いことがわかり、コンテンツの改善を実現することができた。

また、本ツールの利用の際には、動画マニュアルを見て操作を知ることができるため、多機能でありながらも、安心して使うことが可能だ。株式会社阪急交通社は、今後、コンテンツ制作だけでなく、ユーザーのニーズを起点にしたツアー企画においても、本ツールの応用を考えているという。

【企業サイト】MIERUCA

WineryGuideはその名のとおりワイナリーのガイドだ(目下カリフォルニアのナパヴァレーに限定)

ワインとガイドブックの両方が好きなぼくは、WineryGuideに目がとまった。Aga/Mariusz Andryszewski夫妻が作ったこのサービスは、ナパヴァレーのワイナリーのコンパクトでスマートな詳しいガイドだ。

CTOのMariusz Andryszewskiは曰く、“WineryGuideには、プロのワインコンシエルジュが長年蓄積した経験や知識とツアーガイドが、簡単なユーザーインタフェイスの下に詰め込まれている。よく聞かれる質問に最新の技術を使って答えているし、ユーザーが今いるところから行きたいところへどうやって行くべきかを、正確かつ簡明に説明している”。最初のバージョンは簡単なガイドだったが、今のiOSネイティブアプリにはクーポンや位置対応のお買い得特典などがミックスされている。

制作にはワインのエキスパートJohn Stallcupが参加し、ワイナリーのマーケティングツールに過ぎないアプリではないアプリを作り上げた。また、当地のホテルに必ず置いてある観光パンフレットのような、浅いガイドでもない。

“Agaとぼくは、ナパヴァレーに何年も通っている。どの季節に行っても景色は素晴らしいけど、ワイナリーは行くところがだんだん絞られてきた”、とMariuszは語る。“だから、おかしなことに、新しいワイナリーを見つけようと思ったら地元の地方紙を見たり、旅行ガイドや誰かの推薦に頼るようになった。既存のモバイルアプリは、広告費を払っているワイナリーを優遇しているし、Google Mapsはワイナリーの情報が詳しくない。もっと、ナパのインサイダー的な情報が必要だ、と思った。そこでシカゴからベイエリアに引っ越して、協同ファウンダーを見つけ、プロジェクトをスタートさせた”。

このサービスはまだ完全に自己資金のみで、一日のユーザー数は数十名だ。今後の展望としては、ワイン中心のナパヴァレーガイドに成長して、すべてのハイテク企業をスポンサーにしていきたい。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

【KEY】アメリカ・日本 VRで人を集める

【アメリカ】食品機械・装置をVRショールームで体験

◆アメリカのFood Processing Suppliers Association(食品加工業者協会)は、2017年9月19日(火)~22日(金)シカゴで開催するPROCESS EXPO 2017において、バーチャルリアリティショールームを設置することを発表した。来場者は、このショールームにおいて、展示企業の設備を体験することができる。同協会は、食品加工、包装などの業界団体。◆

アメリカのFood Processing Suppliers Associationは、食品加工機械や装置などの見本市であるPROCESS EXPO 2017について、バーチャルリアリティショールームの設置が、ハイライトの一つになると考えている。このショールームに出展する企業は、各種の食品加工機械、高圧食品用処理システム、食品包装機械など、8メーカーが予定されている。バーチャル空間において、来場者は、安全にバーチャルな食品に関連する製造や加工、包装などの機械や設備を体験し、そうした機械がどのように作動するかを知ることができる。バーチャル機械が製造した食品も、バーチャルに扱うことができる。

今回、新しいショールームを設置し、来場者に体験してもらうことで、食品加工や放送機械や設備を理解する、新しい方法を提供することになると、主催者は考えている。

【EXPOサイト】PROCESS EXPO 2017

             

【日本】住宅を着工前に疑似体験できるVRサービス

◆日本の株式会社エスケーホームは、様々な戸建て住宅プランを、バーチャル空間内で歩き回ることができる、VRによる新しい住宅見学サービスを開始した。これにより、顧客は、住宅の空間サイズや、色、素材の組み合わせなどを疑似体験しながら、住宅プランを具体的に検討することが可能になる。同社は、ITに対する積極的投資を行うことで、生産性の高い戸建住宅事業を行っている企業。◆

本サービスの特徴は、一か所の打合せ場所にいながら、住宅の空間サイズや、色、素材の組み合わせなどを、VRによってリアルに体感することができる点だ。これにより、顧客は、数多くの住宅プランを容易に体験し、比較検討を行うことが可能になる。さらに、着工を行う前に、居住空間を疑似体験できるため、実際に建たなければイメージができないという、注文住宅業界の課題を解決し、安心して契約を行うことができるようになった。

同社は、本サービスを、各営業所へ順次導入するとともに、ショッピングモールや、大規模商業施設などの狭小スペースにも設置することで、VR住宅見学会として、より多くの体験の機会を、設けていく予定であるとしている。

【企業サイト】株式会社エスケーホーム                      

【日本】360°ビューで施設をPR

◆株式会社日立公共システムは、自治体Webページの構築を支援する“4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション”における、バーチャルビュー編集機能の活用事例として、360°のバーチャルビューを公開した。この事例では、一つのバーチャルビューから、施設全体の様子をスムーズに閲覧することで、施設利用イメージを把握できるようになっている。同社は、官公庁や自治体などを対象に、ソリューション事業を行っている企業。◆

本ソリューションは、高齢者や子ども、障がい者、外国人を含む、さまざまな人にとって使いやすいWebページを、コンサルティングから制作、運営までの、一貫したサービスによって実現するものだ。同社は今回、本ソリューションの、バーチャルビュー編集機能“スマートパノラマ”について、所沢市こどもと福祉の未来館の活用事例を、自社サイトにて公開した。この事例では、パノラマ画像を入り口からスタートさせながら、全フロアをリンクでつなげることにより、一つのバーチャルビューで、施設全体の様子をスムーズに閲覧し、施設利用イメージを把握することができるようになっている。

また、“スマートパノラマ”では、自分で撮影した写真を使用するため、360度バーチャルビューを簡単に制作することができる。本機能を活用することで、各エリアのガイダンスを表示したり、設備の詳細などを掲載し、施設の利用促進やPRを行うことが可能だ。

【ソリューションサイト】バーチャルビュー編集機能「スマートパノラマ」

                     

【アメリカ】VR技術で地域振興・経済発展を

アメリカのアンゴラ市(インディアナ州スチューベン郡)は、地域社会及び経済の発展のために、インタラクティブな360°パノラマビューのバーチャルリアリティテクノロジーの導入を開始。Clear Vision Media社が市と契約、同市の様々な場所のパノラマビュー映像を手掛ける。

アンゴラ市は、バーチャルリアリティテクノロジーを使ったインタラクティブな360°パノラマビューは、地域観光プロモーションのためだけではなく、地域の企業や機関も自らのプロモーションができるプラットフォームとなると考えている。同市では、テクノロジーパーク建設も予定している。

スチューベン郡の観光局は、ウェブサイトにおいて、公園やレクリエーションエリア他、主要な観光名所のバーチャルガイドを、すでに提供している。VR技術の利用は、投資家や企業、新しい住民、観光客などを引きつけると、予想される。オンライン上で、それぞれの場所の360°パノラマビューと共に、その場所にある企業や機関などをズームすることもできる。重要な場所は、その場所独自のパノラマビューを展開することも可能という。

パノラマビューは、この夏に完成予定で、現在では、同市の歴史的なダウンタウンのインタラクティブパノラマビューを公開、スマートフォンをはじめモバイル機器も含め、様々なデバイスに対応。Clear Vision Media社は、トラベル・観光産業に特化したマーケティングコンテンツ開発を行い、優れたVR製品とサービスを提供する。

【関連サイト】Downtown Angola

ホテルの現代化を進めるスタートアップAavGo

ルームサービスを頼むことは面倒なことだが、世界のどこでも最初に出会う問題の1つだ。とはいえ、それは技術的に言えば、単にホテル業界が遅れているからというだけの話だ。

スタートアップAavGoは、この問題を、スマートフォンやタブレットを使うことでホテルスタッフ同士だけでなく、ホテルゲストがホテルスタッフと簡単にコミュニケーションを取れるようにして、解決しようとしている。そうすればルームサービスのための電話やフロントデスクまで出向く必要がなくなる。

この1週間のうちに、AavGoによるホテルゲストとホテルスタッフ間のコミュニケーションサービスが、5つのホテルブランドで正式に開始された。これまでは、AavGoはスタッフ間のコミュニケーションのみを可能にしていた。すなわちこれからは、The Row HotelHotel Strataのようなホテルのゲストたちは、AavGoが提供するタブレットを部屋で利用して、食べ物や、歯磨き粉、追加の枕や修理などのリクエストを行なうことができる。

  1. guest-home.jpg

  2. guest-housekeeping-order.jpg

  3. staff-front.jpg

  4. staff-maintenance.jpg

 View Slideshow Exit

「私たちは電話の必要性を無くそうとしているのです」と、AavGoの共同創業者であるMrunal Desaiは私に語った。「そして、フロントデスクに行く必要性も同様に無くしたいのです。もし宿泊客がホテルからの何らかのサービスを必要とする場合には、タブレットからリクエストすることが可能です」。

ホテル側で必要とされるものは、Wi-Fi程度だ。この分野での競合相手の1つはALICEだ。これはホテルを単一プラットフォーム上で運営するシステムを提供し、Triumph Hotels、Sixty Hotels、そしてNylo Hotelsのようなホテルを取り込んでいる。先の1月にALICEはExpediaの主導したシリーズAラウンドで950万ドルの資金を調達して、総資金調達額を1300万ドルとしている。

2つのサービスは極めて似通っているが、AavGoは単なるお洒落なブティックホテル以上のものに焦点を当てているという点が、重要な差別化要因だとDesaiは語る。もう1つの大きな違いは、AavGoが室内用のタブレットを提供するという点だ。

AavGoの課金は1部屋あたり1ヶ月5ドルで、今年末までに50のホテルでの運用を目指している。そして2018年12月までには、500ホテルに導入することが目標だ。2,3ヶ月前に、AavGoは100万ドルの資金調達を完了した。

[ 原文へ ] (翻訳:Sako)

【アメリカ】DMOのためのマーケティングeブック

アメリカのDigital Edge社は、DMOを対象とするコンテンツマーケティング戦略についての新しいeブック、“A Real Content Strategy for DMOs”をリリース。同社は、Destination Marketing Organizationを対象とするデジタルマーケティングエージェンシーで、会議やコンベンションのマーケティングも手掛けている。

同書は、DMOが、WEBで配信するコンテンツマーケティングプログラム作成することを、サポートするために書かれている。詳細な戦略が示されている、8ステップからなるガイドである。どのようにコンテンツマーケティングを開発するか、デジタルコンテンツとは何か、コンテンツをどのように評価するか、様々なプラットフォームにどのように適合させるか、などが説明されている。また、コンテンツが見る人にとって魅力的かどうか、役に立つかどうかなどは、どのようにして分かるのかも含まれている。

デジタルコンテンツは、発展し続け、常に必要とされ、DMOがデジタルマーケティングにおいて成功するためには、適切な戦略が求められると、同社は語る。同書は、同社サイトで入手できる。

【eブックサイト】A Real Content Strategy for DMOs