自作PC

高級ゲーミングPCおすすめ16機種2018

CPUやGPUなど一通り最新モデルも出揃って、メーカー各社も年末に向けてフラッグシップ機を投入してきました。超絶最強ゲーミングPCをまとめました。

144Hzモニターおすすめ7機種はAmazonでも人気

FPSゲームをやり始めますと、より敵を視認しやすくなるディスプレイが欲しくなりますよね。PCゲーマーならやっぱり144Hzモニターでグラボの性能を引き出したいものです。

PC不調から復帰。原因はCPUだった。。

どーも、サツキです。 前回久々に書いた記事で、PCが不調になったというちょっぴりブルーな出来事を記載しました。 あれから、いろいろと調べを進めまして、原因がやはりCPUであるということが確信できました。 なので、あの記事書いた後に新品のCPU(同じ6700k)を買って換装したら、無事、PCが復活しました。 原因確定に役立ったのが以下の記事です。 自作PCでCPUの初期不良はあり得るの?その具体的な症状は? この記事にあった、以下の記述が私の遭遇した症状にマッチしていました。

Windows 10 Professionalをインストール中にブルースクリーンが発生… POSTの確認を終えただけの状態でPCケースに各パーツを格納し、USBメモリーでWindows 10 Professionalのインストールを開始したところ、その途中でまさかのブルースクリーン発生。 再度OSのインストールを試してみるも、まったく同じ進捗具合・画面でブルースクリーンが発生。 再現性ありです…。 その後1回、計3回実行し、状況は変わらず。 まったく同じ画面でブルースクリーンによる強制再起動が起こります。

その下にある症状の確認にも、以下の記載が私が遭遇した症状にマッチしていました。

  • 先に紹介したブルースクリーンで表示されるエラーの内容は、メモリー関連のエラーや電力関連のエラー、カーネル関連のエラーなど毎回違う。
  • ときどきブルースクリーンが出ずに、インストール先の選択画面まですすめることがある。 ただしインストール先を選択中などに突然黒画面になり、強制再起動する。

私の場合は、インストール画面が表示されても数秒でBSODとなったため、厳密には違うんですけど強制再起動という点では共通しています。 毎回エラーコードが違うという点はドンピシャでした。 ということで、これでCPU故障が確定しました。 CPU換装後、Prime95で負荷テストを12時間行いましたが、BSODや強制再起動等は観測されていません。 1回だけスリープからの復帰に失敗してBSODになったり、ハングして強制シャットダウンが起きましたが、それ以来は全く起きていません。 省電力設定あたりがハングの原因の一つになるらしいので、電源管理を「バランス」から「高パフォーマンス」へ変更しました。 バッテリーを気にする必要がないデスクトップPCではあまり意味ないですしねぇ。 これで常用してみて1週間以上、或いは1ヶ月以上正常であればひとまず安心ですね。 しかし、CPUというのは調べてみた限り故障率が低く、OC等で無理な負荷をかけたりしなければ死ぬ確率はかなり低いとされています。 それが故に、CPU故障の情報が圧倒的に少ないのです。そういう時に参考にした記事みたいな情報はかなり重宝します。 参考にした記事は初期不良パターンですが、私の場合は最初頃は正常だったのでなんかの拍子で故障したのでしょう。 原因が不明なのでモヤモヤするし、納得がいきませんがPCが直ったので今回は良しとしました。 原因究明に当たり急遽、メモリやマザーも追加購入しましたが意味をなしませんでした・・・とんだ無駄金です。 無駄金とは思いたくないので、せめてマザーは追加購入したものを使うことにしました。 購入したのはAsRock Z170 Extream6です。 ASRock Z170 Extreme6 ATXマザーボード MB3474 Z170 Extreme6 z170 Extream4の上位機種ですのでまぁ、アップグレードしたと思えば気持ちが多少は楽になりそうです。BIOSアップデートでKabylakeも搭載できます。 参考サイトを早めに見つけていれば、無駄な出費を抑えることができたんでしょうね・・・ちょっと後悔しています。 メモリーは、故障したとき用の予備兼、検証用として。Extream4は検証用として取っておくことにしました。故障したわけではないので。。 いやぁ、久々に大きなトラブルに遭遇しました。 今の時代、Google先生がなんでも答えてくれるので便利になったなと感じますw しばらく自作PCから遠ざかっていたので、知識面とかの不安もありましたが、案外覚えているものですね。 まー、検索すれば情報がわんさか出てくる時代になったというのもありますが、今までの経験なかったらあれこれ簡単に弄れませんよね。 これを機に、また自作PCの世界へ戻っていきそうです。Ryzenも出たし。 この辺で〆ます。 ではでは。

気づいたら年度末

どーも、サツキです。 気づいたら最終更新日から2ヶ月余り経っていました・・・orz まー、いつものようにネタ切れの所為なんで、中の人は元気にやってますよっと。 さて、3月も終わりが近づいてきました。 3月は年度末ですね。色々と節目を迎える時期でもあります。 最近は会社近所のコンビニが次々とリニューアルしてますねぇ・・・。 他にも、近所のイオンも店の入れ替えとか、リニューアルが行われているようでした。 会社の方でも、制度の改正とかありました。 この時期も色々忙しいですねぇ。私はまだ激務というわけではないですが。 で、今回は最近の出来事をば。 昨年末あたりにPCを新調しました。元々あった自作PCのアップグレードです。 今までAMD機として運用していたのをIntel機へチェンジしました。 理由はまぁ、当時は低迷するAMDに未来を感じなかったからですね。 ですが、今年になって満を持して投入したRyzenはかなりの高評価らしいですね。 価格もリーズナブルだし、コスパのAMDが復活しそうな感じです。 もう、メインPCはIntelへ浮気しましたが、2台目はきっとAMDで組むでしょう。 話しが脱線しましたが、そんなわけでIntelへ浮気しました。 買ったのは↓です。 Intel CPU Core i7-6700K 4GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80662I76700K Core i7-6700K。Skylake世代のCPUです。 Kabylake世代のCPUが出ましたが、巷の評価ではSkylakeと性能差は無いようなので、Skylakeをチョイス。 価格も見た感じ、こなれてきていたみたいですし。 8コアのCPUも考えましたが、高すぎたんで止めましたw マザーは↓ ASRock Z170 Extreme4 ATXマザーボード MB3476 Z170 Extreme4 Z170チップセット搭載のAsRockマザーです。 AsRockは一度、AMDマザーで失敗しているんですが、リーズナブルなの探すとAsRockは避けられないので、今度は問題ないことを祈ってチョイス。 メモリは↓ CORSAIR DDR4 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16 信頼性の高い、Corsair製メモリーです。8G×2を2セット買いました。 そんなにメモリ積んでどうすんだって話しですが、私の場合は仮想マシンを複数立てることがあるのでメモリはこれくらいあった方が安心できるのです。 8コアを検討していたのも、仮想マシンに関連してですね。1つの仮想マシンに割り当てできるコア数が増やせますし。 CPUクーラーも今まで使っていたのが使えなくなったので↓を購入 Corsair H115i 水冷一体型CPUクーラー FN1023 CW-9060027-WW 今まではH110を使っていましたが、LGA1151に対応していなかったので、買い換えました。 新調したのは上記ですね。 それ以外は既存パーツを流用しました で、組んでみた感想は、やはりIntelCPUは優秀だなぁって思いました。 今までパフォーマンスいまいちでしたが、見違えるほどに良くなりましたw 起動時間も早くなったし、アプリの動作も良好です。あとは、安定動作していてくれればOK・・・のはずでした。 ところが、今月になって、急に新調したばかりのメインPCが不調になりました。 症状としては、使用中にブルースクリーンで再起動したり、突然フリーズして何も入力を受け付けなくなってしまうといった感じ。 挙げ句の果てには、ブルースクリーンで再起動を繰り返し、Windowsの起動すら出来なくなりました。 しかも、エラーコードはブルースクリーンになる毎に違っていて、原因特定が難しい、厄介なものでした。 Windowsの再インストールも試みましたが、インストール画面に移るとブルースクリーンになって、再インストールすらままならない状態でした。 こういう不具合が発生すると、大体、ストレージやメモリを真っ先に疑いますが、メモリテストをしてもエラー無し。 メモリも新品を買ってそれに変えましたが、症状は変わらず。もちろん、メモリテストもエラー無し。 CMOSクリアやパーツ類の接続し直しも試しましたが改善せず。 ストレージもPC内のSSD、HDDを一台ずつ試しましたが、やはり症状は変わらず。 光学ドライブとか、SATAケーブルとか、電源、マザーも変えてみましたがそれでも症状は改善せず。。 疑いたくないですが、CPUが黒とにらんでいます。 インストールの”途中”で止まるならストレージが悪さをしている可能性が高いのですが、インストールすらままならないとなると、やはりCPUが黒の可能性があるのです。 ですが、CPUはOC等の無理な運用やパーツの差し間違えなどをしなければ、故障する確率はかなり低いパーツです。 なので、CPUの故障は疑いたくない・・・というか通常なら疑いようが無いんですよね。 でも、ここまで検証して症状が改善しないと、CPUの故障を疑わざるを得ないんですよねぇ・・・。 今は検証用のCPUが無いので、安いモデルでも調達してきて検証しようかと思います。これで、起動すればCPUが完全に黒ということになります。 しかし、今までは1日付けっぱなしにしても平気だったのになぜこうなってしまったのか・・・謎です。 CPUの電圧、周波数はデフォルトのままでOCはしていないし、簡易水冷を使った上にPCケースのエアフローも充分冷却できる構造にしていたから熱による不具合は考えにくい。 そもそも、熱暴走ならブルースクリーンやフリーズの前に、電源が落ちると思いますし。 そういえば、Prime95等を使って負荷テストは行っていませんでした。行っていれば早期に発見できたのでしょう。ちょっと後悔しています。 何がともあれ、急に出費が増えて少し凹んでいます・・・orz というわけで、ちょっぴりブルーな最近の出来事でした。。 結果は後日。。 ではでは。