位置データ

Samsungの小さなタグConnect Tag一回の充電で1週間子どもやペットの所在がわかる

子どもやペットや、そのほかの愛用品の所在が、知りたいときにすぐ分かるといいな、と常日頃思っている人にSamsungから朗報だ。この韓国の巨大エレクトロニクス企業が今日(米国時間10/16)発表したConnect Tagは、スマートフォンなどよりもずっと小さなデバイスで、インターネットに接続され、1回の充電で1週間、信号を送り続ける。

つまりこれは、Tileが提供している電子タグとよく似たものだ。アメリカのスタートアップTileは5月に2500万ドルを調達し、これまでの資金調達総額は6000万ドル近い。

Tileは大きさや形に自由度があるが、SamsungのConnect Tagは4.21cm x 1.19cmの真っ白な製品だ。それは一週間の電池寿命で、電力とデータの使い方がより控えめなナローバンドのネットワーク技術を利用する。それは、タグ製品としては世界で初めてだそうだ。

同機は、GPSとWi-Fi位置推定法(WPS)、および基地局ID(Cell ID)を利用する三角法によりデバイスの位置を正確に把握する。またそれは、SamsungのSmartThingsエコシステムにも対応していて、家のまわりにジオフェンスをセットアップできる。つまりタグの装着者が家に帰ってきたら、何かの機器がonになる、という使い方ができる。

また同機に付随しているAndroidアプリ、ロケーションファインダーでは、タグの現在位置を知ったり、一定の時間間隔で現在位置を通知させたりできる。職場で仕事に没頭しているときでも、ペットがちゃんと家にいることを確認できる。

価格の発表はまだないが、Samsung Connect Tagは最初韓国で発売され、その数か月後にそのほかの国でも発売される。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告効果の測定やターゲティングの正しさを位置データから評価するPlacecastのLocation Verification

モバイルマーケティングのPlacecastのCEO Alistair Goodmanによると、これからは、広告効果の計測や検証では、位置データが鍵になる、という。

Goodmanが例として挙げるFactualとMobile Marketing Associationの研究では、マーケターたちの40%が位置データの品質を気にしている。彼によると、位置データを集めて利用する過程にはさまざまな“限界点”があるが、しかし最終的には、既存のデータセットは信頼性が完全ではなく、広告のターゲティングの不適正の原因となり、損失が生じている。

これを変えようとしているのが、PlacecastのLocation Verificationプロダクトだ。Goodmanの説明ではそれは、“データの精度を評価するための業界初の真理集合”だ。実際にこのプロダクトの初期のテストでは、Placecast以外の広告のインプレッションの25%は正しくターゲティングされていないことが見つかった。

Goodmanによると重要な違いは、Placecastがモバイルのキャリアからのデータに頼っていることだ。それは、Sprint傘下のPinsight Mediaなどだ。(本誌TechCrunch isはSprintと競合しているVerizonがオーナーだ。)

なぜ、そのデータの方が信頼性が高いのか? Goodman曰く、それらのデータは“アドッテックのために作られていない”。むしろそれは、キャリアにとっても重要なデータであり、たとえばあるセルタワーから別のタワーへ通話が渡されるときに、通話が落ちないことをそれらのデータで確認する。

Location VerificationはPlacecast内部の別の事業部が管理し、独立性と客観性を維持する、とGoodmanは語る。プライバシーに関しては、データはすべて“集積され匿名化され、またキャリア自身のプライバシーポリシーの監督下にある”、ということだ。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))