ドキュメンテーション

企業が最新の研究動向を容易に見つけられるようにするResolute InnovationにSteve CaseらのVCが投資

企業が自分の分野の最新の研究開発動向を、日々もれなくチェックしていくことは、きわめて難しい。たとえば、ある技術課題で最良のパテントを見つけようとすると、それはなかなか、合理的で効率的で正しい結果の得られる調査過程にはなりにくい。

そこをお助けしようとするのが、Resolute Innovationだ。このスタートアップは、企業をビッグなアイデアに結びつける。ニューヨーク生まれのResoluteが構築しようとしているものは、同社が“技術をスカウトするソフトウェア”(technology scouting software)と呼ぶもの、すなわち検索できるR&Dデータベースだ。食品、化粧品、医薬品、宇宙、などなど、そのカテゴリーは多岐にわたる。

Resoluteは今、330万ドルのシリーズA資金を調達中だ。このラウンドのリーダーRevolution Venturesは、Tige Savage、David Golden、それにAmerica Online(AOL)の創始者Steve Caseらが創ったVC企業だ。

そのCaseは語る: “技術移転の過程は、その姿を抜本的に変えるべきだ”。彼によるとResoluteは、“アイデアと知財を持つイノベーターと、そのアイデアを商用化してスケールできる企業を結びつける橋を構築する、指導的なプラットホームとして登場してきた”。

研究の多くは、大学が提供している。たとえば私が出たコロンビア大学は、Resoluteとパートナーしている。そのほかに、スタートアップや医療機関や国の研究所やそのほかの研究機関から毎日、さまざまなアイデアが生まれている。

Resoluteの収益源は、そのソフトウェアを常用する企業からの会費収入だ。今すでに数千社の顧客がおり、Fortune 500社やそのほかの大型研究機関とも協働している。

Tige Savageは曰く、自分がResoluteに投資したのは、“現代的なAI技術で、さまざまな研究成果を、だれもが見つけることができて、検索もでき、インデクシングも再構成もできる形で提供しているからだ”。彼によると、それは彼の投資理論にも合致している。それは、“古い非効率なやり方に何十億ドルも投じている分野”を見つけることだ。そして、それを建設的に破壊(ディスラプト)するスタートアップに投資する。

CEOのSebastian Mettiによると、今度の資金は同社の研究者ネットワークの拡大に充てる。また、アジア、ヨーロッパ、北米地区、イスラエルなどへの国際展開も目指す。この前は、数名のエンジェル投資家から資金を調達した。

関連記事

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Googleが社内のドキュメンテーションスタイルガイドを公開

ドキュメンテーションは往々にして、後(あと)からの付け足しだ。オープンソースのプロジェクトではとくにそれが多い。そのため新しい人が後日そのプロジェクト参加しづらくなったり、ときにはヘタなドキュメンテーションのせいでコードがかえってわかりづらくなることもある。そこでGoogleは、デベロッパーがもっと良いドキュメンテーションを書けるために、同社のdeveloper-documentation style guide(デベロッパードキュメンテーションスタイルガイド)を今週一般公開した

これはGoogleが社内的に使っているスタイルガイドと同じもので、KubernetesやDartなどGoogle内部のプロジェクトもこれに従っている。

内容の一例を挙げると:

  • 業界用語のスペリングの統一(例: ○data center, ×datacenter)
  • ハイフンの正しい使い方と良くない使い方
  • 受動態でなく能動態で書くべき理由
  • …その他…

  また、とくにデベロッパーにとって重要と思われるのは、APIのコードのコメントの書き方や、コマンドラインのシンタックスの良質なドキュメンテーション、などだ。

AtlassianWordPressSalesforceなどもスタイルガイドを公開しているが、基本的な要素を網羅している点ではGoogleがトップではないだろうか。

編者たちは、このスタイルガイドは生き物であり、今後変わるだろう、と言っている。また、たった一つの絶対に正しいスタイルガイド、というものはない、とも言っている。つまりドキュメントの書き方をめぐってMLA派とシカゴ派の口論が今後続いてもよいし、ぼくが本誌の記事を書くときに使っているAP Stylebookのファンがたくさんいても、構わないのだ。

〔訳注: 上図和訳–

できるかぎり使わないように

  • バズワードや技術的ジャーゴン
  • くだけすぎた書き方
  • “please note”や”at this time”のようなプレースホルダー的語句
  • ごたごたした長過ぎるセンテンス
  • すべてのセンテンスが同じフレーズで始まる(”You can”, “To do”など)
  • 今のポップカルチャーに言及すること
  • 顧客や競合他社/競合製品などをだしにしたジョーク

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))