Cutting Edge Information社の新しい“Pharmaceutical Marketing: Reevaluate Digital Trends and Metrics for Social Media and Mobile Success”という調査は、ライフサイエンス部門がデジタルマーケティングにおける、目標、プラットホームやROI測定基準について、展開されている。

調査対象となったライフサイエンスマーケティング部門では、ソーシャルメディアとして、Facebook(73%)の利用率が最も高い。YouTube(64%)、LinkedIn(55%)そして Twitter(45%)と続き、使用率はかなり低くなるがInstagram(18%)やTumblr(9%)さえも使われている。新しいテクノロジーによって、医薬品業界でも選択肢が増え、デジタルマーケティング戦略において、ソーシャルメディアとモバイルプラットフォームの利用が、増えているという。

同社は、ライフサイエンス業界に特化した、ビジネスインテリジェンス企業。ライフサイエンス業界企業の経営に関わるテーマについて、様々な重要度の高いリサーチを提供している。

【レポートサイト】Pharmaceutical Marketing: Reevaluate Digital Trends and Metrics for Social Media and Mobile Success