スタンダード

コンテナ化という大きな趨勢にとってはスタンダードがきわめて重要、AWSは自らその意思を示す

AWSが今日(米国時間8/9)、コンテナの標準化団体Cloud Native Computing Foundation(CNCF)の正会員になったとき、同社の重要なマイルストーンが刻まれた。GoogleやIBM, Microsoft, Red Hatなど、この分野の有力企業の仲間入りをすることによって、コンテナの管理に関してはスタンダードを無視できないことを、認めたのだ。

なにしろ、これまでもっぱら我が道を行くだったAWSである。しかもAWSは今や、その強力な巨体で広大なマーケットシェアを支配しているから、さまざまな面で自分流を貫いても平気だ。しかし、コンテナは違った。今コンテナを支配しているのは、かつてGoogleで生まれたオープンソースのコンテナ管理ツールKubernetesだ。

聡明なAWSは、Kubernetesが業界標準になりつつあることと、作るか買うかオープンソースで行くかの三択に関しては、戦いがすでに終わっていること、とっくに結論が出ていることを悟った。

コンテナ管理におけるGoogleの優勢を認めたからには、次の論理的ステップはCNCFに加わり、業界全体が使っている同じコンテナの規格に従うことだ。人生には戦うよりも自分を変えた方が得策なこともあり、これがまさに、その典型的な例だ。

そしてAWSがCNCFに加わったことによって、業界全体としてのコンテナ化に向かう路程が明確になった。今それは、とくに大企業において大きなブームになっている技術だが、それには十分な理由がある。アプリケーションをいくつもの離散的な塊に分割して構築していくので、メンテナンスとアップデートがきわめて容易である。そしてDevOpsのモデルにおいて、デベロッパーのタスクとオペレーションのタスクを明確に分離できる。

いくつかのスタンダードが、コンテナを開発し管理するための共通基盤を提供している。その上で各人が、独自のツールを作ることもできる。GoogleのKubernetesも、最初はそのひとつだったし、Red HatのOpenShiftやMicrosoftのAzure Container Serviceなども、そんな独自ツールの例だ。

しかしスタンダードがあると、誰が何を作っても、その構造や動作の共通性をあてにできるし、したがってその利用も楽だ。どのベンダーもサービスのベースはほぼ同じであり、違いは上位的な機能や構造にのみ現れる。

業界の大半がスタンダードに合意すると、その技術は離陸していく。World Wide Webは、その偉大なる例だ。それは、Webサイトを作るスタンダードな方法だから、完全な共通技術へと離陸できた。ビルディングブロックに関して多くの企業が合意したら、そのあとはすべてがうまく行く。

スタンダードの欠如が、技術の足を引っ張った例も少なくない。全員が共通のビルディングブロック(構築部材)を持つことは、きわめて有意義なのだ。しかしときには、だんとつのマーケットリーダーが合意に参加しないこともある。今日のAWSは、そんなリーダーにとってもスタンダードが重要であるという認識を、示したのだ。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Open Container Initiativeがコンテナの仕様の標準規格v.1.0をリリース

ついにやっと今日(米国時間7/19)、Open Container Initiative(OCI)が、そのコンテナランタイムとソフトウェアコンテナのイメージの仕様の標準規格、バージョン1.0のローンチにこぎつけた。この、今年で2歳になるオープンソースのファウンデーションは、Dockerをはじめコンテナエコシステムのリーダーたちが、まさにこれらの共通仕様を確立し維持管理するために作った組織だ。すなわちそれらは今後、コンテナのフォーマットとランタイムの業界標準になる。

Dockerは、これらの仕様の基盤となるものの多くをOCIに提供した。たとえば同社は、同社のコンテナランタイムのコードベースをOCIに寄贈した。さらにその後、同社の技術コミュニティがコンテナのイメージのフォーマットをOCIのプロジェクトに加えた。OCIの現メンバーは40社あまり、クラウドでプレイする大手テク企業のほとんどが参加している(AWS, Cisco, Facebook, Google, Huawei, IBM, Intel, Microsoft, Oracle, Red Hat, VMwareなどなど)。またRancherやWerckerのような、コンテナ技術を専業とする企業も、少なからず加盟している。

OCIの事務局長を務めるChris Aniszczykによると、たしかに、この組織における仕事の進め方やリリースの形式が決まるまで、かなりの時間がかかった。“同じコラボレーションでも、オープンソースのプロジェクトと違ってスタンダードの作成には困難な側面がある。オープンソースのプロジェクトでも、多くの企業がさまざまなやり方ですでに業務に使用しているものは、意見の違いが大きくなりがちだが、共通スタンダードについても同じことが言える”、と彼は語る。しかし、Linux Foundationの傘下となった今では、ガバナンスの構造も適正かつ安定してきた、と彼は感じている。この取材の席にいたDockerのStephen Walliは、こんだけたくさんのメンバーがいること自体、組織とプロジェクトの成功を物語っている、と付言した。

Aniszczykによると、仕様の策定作業でとくに大きく貢献したのがRedHat, Docker, CoreOS, そしてHuaweiだった。またFujitsu, Microsoft, Google, Oracle, Cisco, Tencentなども積極的に動いてくれた。

バージョンが0.xでなく1.0でリリースされたことは、そのスペックは一般的な採用が可能で、今後、採用者がコードを大きく書き換えなければならないような変更はない、ということを意味している。

今後の計画としてAniszczykは、次に取り組みたいのは検定(仕様への合致の証明)だが、そのほかに、すでに温めている企画として、現状のLinuxだけでなくそのほかのプラットホームのサポートと、レジストリのアクセスやコンテナの配布のためのAPIの標準化作業がある、と語った。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))