サブスクリプション

アーティストとファンを繋ぎ安定した収益化を支援するPatreonが、大規模な資金調達を行った模様、評価額は4億5000万ドルか

アートが共有され、無料でストリーミング配信されるこの時代に、Patreonはコンテンツ制作を職業へと転換するという新しい希望を与えてくれる。このサービスは、イラストレーター、コメディアン、ゲームメーカー、そしてミュージシャンたちがPatreonを使用して、ファンたちからの自身の作品に対する特別アクセスと引き換えに、サブスクリプション方式で月々お金を払ってもらうというものだ。取引に際して、Patreonが徴収する手数料は、わずか5%に過ぎない。

5万人のクリエイターが登録されており、100万人のサブスクライバーたちが、コンテンツを早期に独占的に見るために月平均12ドルを支払っている。その結果Patreonは、2017年には1億5000万ドルをクリエイターに支払っている。これが意味することは、規模は倍増しているものの、Patreonは750万ドルしか収益を挙げていないということだ。

しかし投資家たちは、もし十分な数のアーティストがサインオンして、ファンを惹きつけることができれば、Patreonは新しいクリエイターエコノミーの柱として成長することができると考えている。TechCrunchは、3つの情報源から、Patreonが大規模なシリーズC資金調達ラウンドを終了したことを知った。そのうちの2つの情報源によれば、スタートアップの価値を約4億5000万ドルと評価し、Index Venturesが主導役ではないもののラウンドに参加していたと語った。Patreonはこの件に関するコメントを拒否した。

得られた現金は、クリエイターたちのマネタイズを助ける他の大きなプラットフォームたちと、競い合う筋肉を付けるために使われるのだろう。そうした競合相手には、YouTubeやFacebookの新しいオリジナルビデオのためのWatchタブ などが含まれる。YouTubeとFacebookはアーティストたちに訴求する巨大なユーザーベースとチームを持っているが、彼らはクリエイターたちのコンテンツを使って得た広告収入の55%しか作者に対して支払っていない。Pateronが95%を支払うことを、またファンからの直接的な支払いは、広告の視聴によるものよりも何倍も多い収入をもたらすことが、マーケティングを通して認知されれば、Patreonは広く受け容れられるだろう。

クリエイティブ層への資金提供

音楽家でビデオ作家のJack Conteは、作品から十分な収入を得ることに苦労してきた、またKickstarterのような一度切りのクラウドファンディングプラットフォームのプロジェクトでは、アーティストが創作に集中するために必要な資金が得られないこともわかった。そこで彼は「2013年に、クリエイティブ層への資金提供をミッションとするPatreonを共同創業した」と、先の6月に語ってくれた。「 広告だって?それだと十分じゃないんだ。アートを支える財政的な仕組みの中で、消費者からの支払いが、より大きな部分を占めなければならない」。

Patreonは、Thrive Capitalが主導した2016年1月のシリーズBまでに通算4710万ドルを調達していた。シリーズBにも参加したIndexはシリーズAにも参加していた。しかし大量の資金注入はプラットフォーム内のクリエイターたちの信頼度を押し上げることになるだろう。もし彼らがPatreonの資金がすぐに尽きることはないと知っていれば、おそらくプラットフォーム上の長期的なサブスクライバーの獲得に、より熱心に動いてくれるだろう。

より深いポケット(潤沢な資金という意味)は、Patreonがクリエーター用のボーナスツールスイートを開発することを可能にし、その一部に対して更に課金することもできるようになるだろう。「私たちのプロダクトへと注ぎ込むことのできる、新しい収入源を生み出す機会は色々考えることができるね」とConteは私に請け合った。彼は、例えばイベントチケットや商品を販売すること、クリエイターがファンの動きを理解してコミュニケーションすること助けるといったことを口にした。これによって、iTunesやSpotifyに比べると、わずかなものに見える5%の手数料の上に、Patreonの取り分を増やしていくことができるだろう。

イラストレーターのWLOPは、Patreonにおけるサブスクライバーたちにウォーターマークのない4Kサイズのアートを提供している。

その利点として、Patreonはプラットフォーム上でどのような種類のコンテンツが収益化されているかについては、比較的寛大だ。エロティックな絵画、アダルトゲーム、マリファナ関連のニュースやエンターテインメントなどは、みなPatreon上でサブスクライバーたちを魅了している。これらの多くはそもそもFacebookやYouTube上では許可されていないし、PewDiePieのスキャンダルを受けたYouTubeの厳しい広告規制(黙示録apocalypseにかけてadpocalypseと呼ばれている)の対象になるものや、今週発表されたFacebookの新しいルールに抵触するものから、広告収益を得ることもできない。

政治評論家集団のChapo Trap Houseは、Patreonで月に1万8000ドル以上の収益を得ている

しかしこれは両刃の剣だ。Patreonは、右派の政治評論家たちが差別的な発言を通じて資金を調達していることを知っている。それはオルタナ右翼クラウドファンディングサイトHatreonのようなものの誕生につながる。より多くの資金はより多くの注目を集めることになり、Patreonは「汚らわしいものを排除した自由スピーチ」という厳しい綱渡りを強いられることになるだろう。その自らの規則の中で何が正確には許されるのかを決め、そしてその規則を運用していくことはとても難しそうだ。

これまでのところPatreonは、資金提供先の新しいクリエイターを、ユーザーが発見することには、あまり力を注いで来なかった。すなわち、その収益を伸ばしアーティストを支援するための大きなチャンスがあるということだ。しかしそれはまた、課題も生み出すことだろう。Patreonは既に人気のあるクリエイターをどれほど増やすべきだろうか?(おそらくそうした人たちはサイトを占有するかのように目立つかもしれないが、より大きなコンバージョン率を期待することもできる)。また誰にスポットライトを当てるべきかの決定をサイトが行なった場合、もしそうしたクリエイターたちが他人を傷つけた場合には、Patreonを脆弱なものにしてしまう。

しかし、それらはミッションとしてもビジネスとしても、リスクを取るに値するものだ。コンテンツの配信はオンラインで行われている。ビデオ制作者やIndiegogoの発明家であるクリエイターたちは、安定した収入源を求めているのだ。広告プラットフォームは限定的で、しみったれていることが明らかになり、何より十分な現金を手に入れることができない。自動化は古い職業を脅かす。インターネットはニッチなアーティストとニッチな観客をつなぐことができる。また、好きなクリエイターとの間に絆を築く新しい方法によって、消費者は自分が好きなアーティストへのアクセスを増やす意欲がますます高まっていく。

Patreonはこうした流れのまさに中心に存在している。すべてのアーティストが飢えなければならない訳ではない。

[ 原文へ ] (翻訳:Sako)

ライター御用達の人気アプリUlyssesがサブスクリプションモデルに移行

Ulyssesはライターたちに最も人気のあるアプリの1つだ。統一されたインターフェイスで、書き、編集し、整理し、同期し、すべての原稿をエクスポートすることができる。こうしたことから、サブスクリプションのみのビジネスモデルに切り替えることが興味を引くのだ。

私はこれまでにUlyssesについて何度か書いている(記事1記事2)。これは、iOSとmacOSのために作られた、堅実で良くデザインされた、著作用アプリだ。マークダウン書式を用いて、WordPressやMediumを含む多くの形式への書き出しを可能にしている。

UlyssesはiOSとmacOS上で全く同じアプリを提供していて、これによってiPhoneとiPad向けにもプロフェッショナルアプリが開発可能なことが証明されている。その開発会社は、WWDCでApple Design Awardを受賞したこともある。これまでMac版は45ドルで、iOS版は25ドルで提供されていた。

同社はウェブサイト上で無料のmacOS体験版を配布していたが、iPhoneやiPad上でこのアプリを試してみる簡単な方法はなかった。さらに、内容が同じアプリをすべての端末で使用できるようにするのに、(macOS版とiOS版で)2回購入しなければならないのは少し混乱させるものだった。しかしもし職業作家であり、2つのアプリに60ドルを払うつもりがあるのなら、Ulyssesは著作スタジオとして機能してくれる。

昨日同社は、一括払いの購入オプションを取りやめることを発表した。Ulyssesを使いたい場合には、これからはまずiOSとmacOS用のアプリをダウンロードし、無料で14日間の試用を始めることができる。その後、使用を続ける場合には月額4.99ドルあるいは年額で39.99ドルを支払わなければならない。これまでUlyssesを利用していたユーザーの場合は、年間サブスクリプションに10ドルのディスカウントを受けることができる。また学生の場合は6ヶ月11.99ドルの特別サブスクリプションが用意されている。

そして、これによって、多くの人びとがサブスクリプションのことを気にしていることが明らかになった。数億もの人びとがSpotifyやNetflixなどのコンテンツサービスにアクセスするためにサブスクリプションを支払っている一方で、アプリに対してサブスクリプションを行なうことはまだ一般的とは言えない。

(Ulyssesの共同創業者である)Max Seelemannは、サブスクリプション価格設定についての裏付けの詳細な説明を書いている。1顧客としての私は、サブスクリプションがUlyssesをより持続可能なものにしてくれることをとても喜ばしく思っている。

Ulyssesのウェブサイトによれば、Ulyssesでは十数人が働いている。私は自分自身の購入履歴を振り返ってみた。私は早い時期にUlyssesを購入したので、どちらのアプリも現在の正規料金よりも安く購入できている。4年半前にMacのアプリに20ドルを支払い、18ヵ月前にはiOSアプリに20ドルを支払った。

4年半の間に40ドルを支払う顧客を相手に、成功したビジネスを構築する方法は存在しない。あなたの地元の喫茶店は、雇っている従業員数は少ないものの、顧客が生涯に払う金額はずっと多いものだろう。

AdobeやMicrosoftなどの大手ソフトウェア企業は、サブスクリプションへの切り替えに成功した。大多数の顧客と企業は、Photoshop、Microsoft Wordなどのプロダクティビティアプリにアクセスするために、毎月の料金を支払っている。

しかし、大部分の小規模ソフトウェア企業は、依然として一括購入と定期的な有料アップグレードに依存している。それこそが多くのアプリが、最後は見捨てられたり、OSのメジャーアップグレードのあと動作しなくなったりする理由なのだ。Ulyssesがこの流れを変えることができるかどうかを見てみよう。

[ 原文へ ] (翻訳:Sako)

Facetuneのメーカーからの新アプリは、強力な画像編集ソフトのEnlight Photofox

人気のセルフィー修正アプリFacetuneを提供するLightricksは、本日(米国時間7月6日)新しい写真アプリEnlight Photofoxをデビューさせた。Lightricksが既存のアプリを作り直して、全く新しいスタンドアロンアプリ第2世代としてリリースするのは2回目だ。こうしたやりかたはMonument 2やCandy Crush Soda Sagaのようなゲームの続編を除けば、現在のApp Storeでは珍しい戦略だ。

通常のアプリメーカーは、その代わりに、少なくとも彼らのアプリのユーザーベースに沿って、既存のユーザーへアップグレードを展開して行こうとする場合が多い。しかし大きなアップグレード、たとえば全体的な再デザイン、機能拡張、特にiPad版の作成などに注ぎ込まれる時間とエネルギーを考えれば、そのやり方がいつでも正しいとも言えない。

App Storeの有料アップグレード機能の欠如を、なんとか回避する方法を編み出している開発者たちもいる。たとえば、Tweetbotが新しいバージョンのTwitterアプリケーションをリリースしたとき、旧版と新版を「バンドル」としてパッケージし、既存のユーザーは新しいリリースへのアップグレードを「コンプリート・マイ・バンドル」機能を通して行なうことができるようにした。

一方、Lightricksは違うやり方を選択した。

昨年Facetuneの続編を発表したとき、同社は新しいビジネスモデルも導入した。そのオリジナルのアプリはアプリ内購入は無しで3.99ドルの有料ダウンロードだったが、Facetune2はダウンロードを無料にして個々の機能をアプリ内購入とした。そして全ての機能とコンテンツにアクセスできるサブスクリプションモデルも提供している。

Enlight Photofoxも同様に、Lightricksの既存アプリEnlightの大掛かりなアップグレードだ。

なおオリジナルのアプリは、2015年にはAppleのThe App of the Yearに選ばれ、2016年に発売されたiOSアプリの11位、2017年にはApple Design Awardを受賞している。

Photofoxは、新しいアプリケーションの基本バージョンで無償で提供される編集ツールセットに加えて、Photoshopのレイヤーシステムにインスピレーションを得た、複数の写真を組み合わせて、それらをブレンドし、それをマージする機能を提供している。

個々のレイヤーを編集したり、背景からアイテムを消去したり、イメージの不透明度をコントロールしたり、形や、サイズや、パースペクティブを変更したり、レイヤーを垂直または水平にフリップしたり、レイヤーを色やパターンなどで塗りつぶしたりといったことが可能だ。

また一方、新しい暗室機能では、トーン、コントラスト、イメージの詳細などの調整をきめ細かくコントロールできる。

Photofoxのツールのいくつかは無償で提供される。例えばキャンバスサイズを定義したり、ビネットやブラーを追加したり、アナログライトを模倣したり機能などだ。それ以外の例えば画像の傷の修正やオブジェクトの変形などの機能は有償となる。

さらに、Photofoxには、画像に適用できるフォント、グラフィック要素、プリセットなどの新しいコンテンツが付属している。このコレクションはサブスクリプションによって利用可能となり、定期的に更新される。

  1. 5_presets.jpg

  2. 3_layers.jpg

  3. 4_mask.jpg

  4. 2_elements.jpg

  5. 1_doublex.jpg

 View Slideshow Exit

新しい機能とツールは、Facetune 2のときと同様に、より高度なユーザーに対応するようにデザインされている。無料のアプリ自身も十分強力だが、月額3.99ドル、または年間19.99ドルの料金を支払うことで、新機能のすべてにフルアクセスできる。あるいは一括で39.99ドルを支払えば、その後一生涯利用可能になる。

Facetune 2を発売するまでは、LightricksはFacetuneとEnlightアプリ単体の有料販売にのみ焦点を合わせていた。サブスクリプション制への移行の前には、同社は年間約1000万ドルの収益を上げていた(これまでの有料アプリのダウンロード回数は1100万に達している)。

「この(サブスクリプションへの)シフトは、初期データとしても素晴らしいものを示しています、これまでのビジネスモデルに比べても生涯買取が桁違いに増えています、このことで会社も更に、モバイルカスタマーの需要を満たす、信頼性が高く複雑なツールとテクノロジーを開発することが可能になります」と、Lightricksの担当者は説明した。

同社はまた、2017年には収益の大幅な増加を見込んでいるとは述べたが、数字を話すにはまだ早すぎると答えた。将来は、サブスクリプションビジネスモデルでさらに多くのアプリをリリースする予定だ。

Enlight Photofoxは、App Storeから無料でダウンロードすることができる

[ 原文へ ] (翻訳:Sako)