TeslaはModel Xでけん引できる車輪付きの「小さな家」を使い、家庭用ソーラー発電製品の可能性を顧客に示す新しい試みを行う。Tesla Tiny Houseはオーストラリアで初公開され( Electrekが報道)、メルボルンのFederation Squareで訪問客向けに展示。その後は、オーストラリアの主要都市を回るツアーを予定している。

けん引可能なTiny Houseは、同社が昨年9月に発表した移動式デザインスタジオを連想させる。Airstreamを改造した同スタジオ内では、自分用のTesla車を設計することができた。ソーラー機器に特化したTiny Houseにも移動式デザインスタジオと設計機器が備わっているが、ソーラーパネルと家庭用蓄電池のPowerwallなどといった、Teslaのソーラー製品を取り扱っている。

今回Tiny Houseは本物の羽目板を用いており、これらの木材は持続可能かつ、人工的な薬剤処理を行なっていない。重さは2トン(約4400ポンド)。パネル6枚を使った2kWの太陽光発電能力で、側壁に1つ搭載されたPowerwallのバッテリーに蓄電する。

  1. tesla_tiny_house-melbourne-7355.jpg

  2. tesla_tiny_house-melbourne-7377.jpg

 View Slideshow Exit

Teslaは今回のツアーでオーストラリアの主要都市を回る予定だが、小さな街にも途中で立ち寄るよう依頼することができる。Teslaはオーストラリアでのソーラー製品設置の提供はまだ開始していないが、そうしたい意向は明確だ。また、他企業のソーラー製品設置に使用するためのPowerwallバッテリーは販売している。

Tiny Houseがオーストラリア人消費者の心を掴むことに成功すれば、Teslaはこのモデルを他の市場でも応用することになるだろう。オーストラリアでの事業としてはPowerpackバッテリーを採用した巨大な再生可能エネルギーのための蓄電施設の建設を行なっている。完成すれば、この種の施設としては世界最大級の規模となる見込みだ。

[原文へ]