オンデマンド

Test IOのQAサービスに、開発ツールJiraからの直接アクセスが可能に

現代の「急げや急げ」アジャイル開発環境の中では、ソフトウェアの品質保証テストは控え目な場所に追いやられることもある。この不協和な状況に対してTest IOのようなオンデマンドテストスタートアップが参入してきている。開発者たちが有能なQAテスターたちに​​簡単にアクセスできるようにするサービスだ。

このたび同社は、Test IOサービスを、Atlassian Jira開発ワークフローツールに直接組み込む、新しいプラグインを発表した。このツールはAtlassian Marketplaceで入手できる。

インストールしたなら、開発者たちは単にJiraインターフェイスにあるTest IOボタンをクリックして、テストパラメータを選択し、ワークフローを開始するだけだ。するとサービスは、開発者が要求する必要な専門知識と機器を持つテスターを選定する。と、Test IOのCEOであるPhilip Sofferは説明した。

Sofferによれば、3万人の審査済みソフトウェアテスターからなるチームを擁していて、テスターたちは人間のスーパーバイザーによってある安定したテストレベルに達するまでクロスチェックを受けた者たちということだ。それぞれのテスターは、その品質、可用度、その他の要素によってランク付けされる。プログラマーが特定のスキルと機器を持っている人を問い合わせると、それらは要件に合致する、現在オンラインで対応可能な最も有能な人物にルーティングされる。2つ以上のスキルが必要な場合には、テストリクエストは同時に複数のテスタにルーティングされる可能性がある。ここでのアイデアは、実世界のテスト条件下で、可能な限り迅速かつ正確にQAを完了させることだ。

レビューが完了すると、問題を示すスクリーンショットとスクリーンカムムービーを添えたレポートが、問題のリストとともにプログラマーに直ちに送り返される。開発者は、レビューに関する質問があれば、インターフェースの中でテスターと直接コミュニケーションを取ることができる。

写真:Test IO

Test IOの顧客の70%がJiraを使用していることを考えれば、同社がサービスにアクセスするためにできるだけシンプルにすることは理にかなっている。Jiraプラグインがない状況では、開発者はブラウザを開いてTest IO Webサイトにアクセスし、サインインし、テストパラメータを選択し、テストする材料をアップロードする必要がある。プラグインを使えば、そうしたものの多くは組み込みツールによって処理され、プログラマたちはテストのリクエストや結果のレビューを行うために、Jiraから離れる必要はない。

Test IOは2011年にベルリンで創業し、現在もそこにオフィスを構えているが、現在の本社はサンノゼに置かれている。Sofferによると、スタートアップは毎年収益をほぼ2倍に伸ばしており、2015年には500万ドルの資金を調達している

[ 原文へ ] (翻訳:Sako)

FEATURED IMAGE: HERO IMAGES/GETTY IMAGES

オンデマンド獣医サービスのVettedが330万ドル調達――ペットの健康も家庭で管理

ペットを診察に連れて行くことほど面倒なことはない。

犬や猫を動物病院まで移動させるのも骨が折れるが、それに加えて治療時間の割にかなりの治療費がかかる。

Vettedがこの状況を変えようとしている。同社はオンデマンドの獣医サービスを提供しており、ユーザーは99ドルの一律料金を支払えば獣医に家まで来てもらえるのだ。Vettedはこの度、Foundation CapitalやAmplify LA、Sterling.VC、Reimaginedが参加したシードラウンドで合計330万ドルを調達した。

彼らのビジネスの鍵は、ユーザーの家で本当に十分な獣医サービスを提供できるかどうかだ。しかしVettedの共同ファウンダーでCOOのAli Shahidは、皮膚や耳、目、消化系のトラブルを含め、通常動物病院で行われる治療の89%は家でも施すことができると言う。さらに、万が一無菌室や専門的な医療機器が必要になった場合は、Vettedが選別した近くの動物病院を紹介してくれる。

つまり、Vettedは全ての問題を解決できるわけではないものの、ユーザーは大方の疾患については、わざわざ動物病院を訪れる必要がないということだ。さらに同社によれば、毎回アポイントメントが設定されると、担当者が電話で飼い主と症状について話し合うようになっているため、家で対処可能な問題かどうかが事前にわかるのだという。

99ドルの料金には、検査、問診、爪切り、耳掃除(通常の動物病院では追加料金がかかる)、さらには診察後のビデオ電話または電話でのフォローアップが含まれている。予防注射や処方箋の発行といった追加サービスには別途料金がかかるが、これも従来の動物病院に比べれば25〜40%安い。オンデマンドサービスの中には料金やマネタイズ方法が不明瞭なものもあるが、Vettedは違う。彼らは病院を構えておらず、賃貸料やメンテナンスコストといった固定費がかからないため、この料金を実現できるのだ。

もちろんVetted以外にもペット医療の市場で事業を展開するスタートアップが存在する。サンフランシスコのTreatも99ドルの一律料金でサービスを提供しており、ユーザーは往診前に獣医とチャットで症状について話すこともできる。イギリスのPawSquadも同様だ。しかし、アメリカ市民は年間600億ドルものお金をペットに使っているという統計もあり、市場規模や現在これらの企業が地域的に散らばっていることを考慮すると、複数の企業が生き残っていくだけのスペースは残されている。

今のところVettedはウェストロサンゼルスでのみ営業している。そのおかげもあり、所属獣医の手が空いてさえいれば、連絡を受けてから獣医がユーザーの家を訪れるまでには最大90分しかかからない。今回の調達資金は主に西海岸地域への事業展開に使われる予定で、彼らはロサンゼルス全域、さらにはオレンジカウンティーへと徐々に進出先を広げようとしている。

原文へ

(翻訳:Atsushi Yukutake