インバウンド

無料SIMカードとインバウンド旅行者向けアプリを提供するWAmazingが10億円調達

インバウンド旅行者向けアプリの「WAmazingアプリ」を提供するWAmazingは9月7日、リード投資家のANRIBEENEXT、およびSBIインベストメントみずほキャピタルSony Innovation FundBEENOSオプトベンチャーズ静岡キャピタルなどから総額約10億円の資金調達を実施した。

なお、エンジェル投資家の青柳直樹氏、有安伸宏氏らも本ラウンドに参加している。

写真右がWAmazing代表取締役の加藤史子氏

同社が手がけるWAmazingアプリ(iOS/Android)は、インバウンド旅行者向けにさまざまなサービスを提供するモバイルアプリだ。主な機能として、タクシー配車、日本での旅行ツアーやアクティビティの予約手配と決算機能、そして宿泊施設の予約機能などがある。

宿泊施設予約は8月14日から始まったばかりの新しい機能だが、すでに国内1万軒以上の宿泊施設を予約することができるという。

WAmazing代表取締役の加藤史子氏は、この新しい機能について「現在、WAmazingのユーザーの日本滞在平均日数は6日間程度。宿泊は、ほぼすべてのユーザーからニーズがある分野だ。宿泊場所が明確になることで、そこまでの交通や周辺観光などに展開しやすいことから、導入を決めた」と話す。

WAmazingアプリの機能については、こちらの記事も参考にしていただきたい。

無料SIMカードが集客のカギ。9月からは中部国際空港でも

インバウンド旅行者向けに魅力的な機能を提供するWAmazing。しかし、WAmazingの一番の特徴は、同社が空港で配布する無料のSIMカードだ。これまでにも同社は成田空港でSIMカードの配布を行ってきたが、9月1日からは新たに中部国際空港でも配布を開始した。

15日間有効のこのSIMカード、容量は500MBで、旅行者が自分の国であらかじめアプリをダウンロードしておけば誰でも利用することができる。追加料金を支払うことでデータ量の追加や期間延長も可能だ。

これは、空港についてすぐに交通情報などを調べる必要がある旅行者にとっては非常に嬉しい特典だろう。このSIMカードがアプリの集客のために一役買っているというわけだ。

ただ、加藤氏はサービスリリースの2017年1月から今までを振り返り、無料SIMカード配布にはなかなか苦労したと話す。

「SIM受取機といったハードウェアやアプリなどのソフトウェアも含め、開発着手から3ヶ月弱でリリースした。そのため、正直、不具合も色々とあった。最初の1ヶ月くらいは社員がシフトを組んで、土日も含めて成田空港のSIM受取機のまわりでひっそりとユーザーの様子を見守る、という状態だった」(加藤氏)

そんな苦労もありながら、WAmazingアプリはこれまでに約3万5000人のユーザーを獲得。そのうち実際に日本を訪れた(SIMを受け取った)のは1万2000人だ。

「無料SIMカードを受け取れるからといって、入国空港を変える人はいないと思う。そのため、設置空港を増やすことがそのままユーザー数の増加に直結する」とも加藤氏は話す。

また、WAmazingはアプリの配信国も広げていきたい構えだ。現在はインバウンド旅行者が多い香港と台湾に特化してアプリを開発しているが、今後はそれに加えて韓国、中国本土、タイにも拡大していくそうだ。早ければ年内にも中国本土への拡大を目指す。

2016年7月に創業のWAmazingは今回調達した資金を利用して、サービス拡大のための開発、人材確保を進めるとしている。

「今回の資金調達は、それぞれの戦略実行を高いクオリティで一気に推進していくための人材の採用やユーザー数を拡大するためのマーケティングアクセルを踏むために必須となる推進力となる。訪日外国人旅行者にワンストップで日本の魅力を堪能できるサービスを提供したい、そして、それにより観光産業を日本の基幹産業にしたい」(加藤氏)

【技術トピックス】2017.6.28

【日本】クラウドAIとロボットでインバウンド対応

◆日本のアスラテック株式会社は、接客業を対象に、コミュニケーションロボットを遠隔操作するオペレーターの多言語対応業務をクラウドAIでサポートするシステムを、Forex Robotics株式会社と共同で開発した。本システムでは、未習得の外国語への対応や、音声とテキストの相互変換、機械学習を用いたFAQ回答などの機能が利用可能だ。アスラテック株式会社は、ロボット開発を手掛ける企業。◆

同システムでは、コミュニケーションロボットが受けた外国語の質問を、日本語に変換してオペレーター側に表示、オペレーターの応答を外国語に変換してロボットから発話するといった、訪日外国人に対する接客を支援することができる。本システムを活用することで、未習得の外国語にも対応できるだけでなく、音声とテキストの相互変換や機械学習を用いたFAQ回答などの機能により、オペレーターの業務負担を軽減することが可能だ。 同社は、本システムをソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボット“Pepper”を対象に、展開していく予定。また、単月で250万人を突破したとされる訪日外国人への対応は、接客用ロボットにおいても大きな課題としており、多言語対応の必要性を訴えている。

【企業サイト】アスラテック株式会社              

【日本】IoT技術によるコネクテッドカーの国内実験

◆日本のGMOクラウド株式会社は、世界の自動車産業において開発が進んでいる、インターネットを活用した自動車であるコネクテッドカーに関する実証実験を、全国各地で開始したことを発表した。実証実験では、車両データのリアルタイム管理や、自動車の不調を予測する自動解析、解析した車両コンディションの見える化などの検証が行われる。同社は、クラウド事業やIoT事業をグローバル展開している企業。◆

コネクテッドカーは、搭載されたセンサーから取得したデータをインターネット経由で収集・分析することで、車両の状態や周囲の道路状況を把握することができる自動車のことだ。同社は、日本国内におけるコネクテッドカーの普及を推進するべく、自動車のECUに蓄積されている車両データをクラウドで収集できる車載コネクタとともに、システムの安定稼働を支える技術を活かした自動車向けIoTソリューションを開発した。 実証実験では、国産・輸入を問わず既存の全メーカー・全車種を対象に、同社が開発した車載コネクタを通じて自動車とインターネットを連携する実験を行う。その後、車両データのリアルタイム管理や、自動車の不調を予測する自動解析、解析した車両コンディションを見える化する検証も行われる予定。

【企業サイト】GMOクラウド株式会社            

【日本】CPV完全保証型の動画広告ソリューション

◆日本の株式会社PrmaCeedは、アメリカのStrike Social社の動画広告最適化ソリューションを、国内において提供開始した。本ソリューションを活用することで、動画広告の設計・運用に特化したマネジメントツールや、AIによる最適化アルゴリズムを駆使した、CPV完全保証型の動画広告サポートを受けることが可能になる。株式会社PrmaCeedは、メディアや広告に関する支援を手掛ける企業であり、Strike Social社は、世界12カ国に事務所を置くトレーディングデスクである。◆

Strike Social社は、独自のツールとテクノロジーによって、動画配信をサポートする動画広告運用専門のトレーディングデスクだ。同社のソリューションを活用することにより、動画広告の設計・運用に特化したマネジメントツールや、AIによる最適化アルゴリズムを駆使し、キャンペーンを24時間最適化し続け、圧倒的なパフォーマンスアップとコストダウンを実現することが可能になる。さらに、CPV完全保証型の料金体系であるため、実際のCPVが見積りを上回っても利用者は超過料金を支払う必要がないのが特徴だ。

同社は広告運用・プランニングで培った自社の強みを活かし、適切なヒアリングと提案によって、クライアントのビジネスに貢献するとしている。

【企業サイト】株式会社PrmaCeed

インバウンドマーケティングとは?把握するための1枚のインフォグラフィック

先進国全体として市場がシュリンクし、刈り取り型マーケティングスタイルではなく、マーケットを育成しながらその中でお客さんを獲得していく、農耕型とも言えるマーケティング手法が追求されています。その中で最も注目されている概念が「インバウンド・マーケティング」。今回はそれを把握するためのインフォグラフィックスをご紹介。

インバウンドマーケティングとは?把握するための1枚のインフォグラフィックラウンドナップ・Webコンサルティング(全国対応)で公開された投稿です。

インバウンドマーケティングとは?把握するための1枚のインフォグラフィック was first posted on 10月 20, 2012 at 12:30 pm.©2016 "中小企業ウェブ駆込寺|ラウンドナップWebコンサルティング". Use of this feed is for personal non-commercial use only. If you are not reading this article in your feed reader, then the site is guilty of copyright infringement. Please contact me at gonebox+rcon@gmail.com